セブン-イレブンと言えば、底上げ容器のお弁当や具が切り口にしか挟まっていないサンドイッチなど、消費者を騙すような見た目の商品が多いイメージを抱いている人は多いと思います。でも、そんな悪評を一気に払拭するヤケクソ気味の商品が、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県のセブン-イレブンにて発売されました。


Twitterでは、こんなツイートが注目されています。




投稿者のKatsu @コンビニダイエット研究さん (@katsu_diet)は、セブン-イレブンで6月28日に発売された新商品「明太子おむすび」(税込324円)の写真を投稿するとともに、「セブン完全にアタオカすぎ(良い意味)どんだけ入れるねん…てぐらいの「明太子」おにぎり。こんなんが美味しくないわけないよね」とツイートしています。「もちろん明太子といえば蛋白質たかいし脂質は低い。おまけにお米で糖質も程よく摂れるし完璧。これで完全に忙しすぎて栄養補給する暇ないって言い訳が効かなくなりました」とのこと。



この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。
















このおむすびは凄いですね…。これまでの明太子おにぎりの常識を覆し、白飯の中に少し明太子が入っているのではなく、明太子をこれでもか!と添えている印象です。リプにもありましたが、白飯のおかずにもなりそうです。今のところ、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県のセブン-イレブンのみで販売されているようです。


(いまトピ編集部:ヤタロー)