義父母の実家への帰省を拒否…離婚事由になりえる?

年末年始休み、義父母の家に顔を出したという既婚者の方は多いのではないでしょうか。戸籍上は親子でも、やはり所詮は他人であるだけに、「行くのが苦痛で仕方ない」と感じる人も少なくないようです。
場合によっては、「気を遣いたくない」と、行くことを拒否している人もいるよう。配偶者が納得していればいいのですが、両親との良好な関係を希望する場合は「どうして上手くやれないのか」と苛立ってしまいます。
仮にこのことが原因で離婚を思い立った場合、正当な事由として認められるのでしょうか? 高島総合法律事務所の理崎智英弁護士に見解を伺いました。

Q.配偶者が義父母の家に行こうとしないのが不満で離婚したい…離婚事由として認められる?
義父母の実家への帰省を拒否…離婚事由になりえる?

*画像はイメージです:https://pixta.jp/
A.義父母の家に行かないことによって夫婦関係が修復不可能になった場合は、認められる可能性があります
「まず、離婚事由があるかどうかは、夫婦関係がうまくいっているかどうかで判断されます。そのため、義父母との関係性は、離婚事由の有無の判断には基本的には関係ありません。
ただし、夫が妻、妻が夫の両親の実家に行かないことによって、夫婦関係が悪化し、もはや修復することが難しい程度に至っている場合には、離婚事由が認められる可能性はあります。
なお、過去には、配偶者と他方配偶者の両親の仲が悪いのに、他方配偶者は関係改善の努力をせず、むしろ、両親に同調していたようなケースでは離婚請求が認められた事例もあります」(理崎弁護士)

義父母の家に行くことを拒んだとしても、夫婦関係が良好であれば、離婚に至ることはありません。仮に「義父母の家に行くのが嫌」という場合は、配偶者と話し合い、理解を得るようにしましょう。

*取材対応弁護士: 理崎智英(高島総合法律事務所。離婚、男女問題、遺産相続、借金問題(破産、民事再生等)を多数取り扱っている。)
*取材・文:櫻井哲夫(フリーライター。期待に応えられるライターを目指し日々奮闘中)
【画像】イメージです
*naka / PIXTA(ピクスタ)
【関連記事】
インフルエンザなのに休めない…法的問題は?
夫が他の女性とデートを繰り返す…離婚はできる?
「ペット」は離婚時にどちらが引き取る?
夫が働かない…収入減を理由に離婚はできる?
多忙で昼休みが取得できない…その分の賃金は請求できる?
義父母の実家への帰省を拒否…離婚事由になりえる?シェアしたくなる法律相談所で公開された投稿です。

あわせて読みたい

シェアしたくなる法律相談所の記事をもっと見る 2018年1月13日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。