公衆電話からの迷惑電話、対策は?

公衆電話からの迷惑電話、対策は?

ナンバーディスプレイ機能が一般的になり、誰もが携帯電話やスマホが持つようになった現在、電話を受けた際にそれが誰からかかってきたのかわかるのが当たり前となっています。
ただし、公衆電話からの着信はたいていの機種で「公衆電話」「非通知設定」などと表示され、誰からかかってきたものなのか判断できません。こんな発信者不明の迷惑電話が続いた場合にどうすることができるか、ともえ法律事務所の寺林智栄弁護士に伺いました。
■迷惑電話はどんな罪?
無言電話やガチャ切りなどの迷惑電話が続いた場合、この電話の主を何らかの罪に問うことはできますか?
(寺林弁護士)「迷惑電話が続いたことのストレス等により、精神疾患を患ったようなケースでは傷害罪に該当し得ます。」
傷害罪(刑法204条)

人の身体を傷害した者は、10年以下の懲役又は30万円以下の罰金若しくは科料に処する。
脅迫などの言葉がなくても、迷惑電話をかけるだけで犯罪となる可能性があるのです。傷害罪は身体への傷害が対象となりますが、精神的苦痛から身体に影響が出た場合は傷害罪が成立します。迷惑電話がその原因になったことを証明するためには、医師の診断が必要になります。
またこのような電話は、企業相手であれば、業務妨害罪に問われたり、地域によっては迷惑防止条例違反に問われたりする場合があります。
■相手が誰かを突き止めたい!
いたずら電話が傷害罪に当たる可能性があることはわかりましたが、非通知発信や公衆電話発信では、受信側には発信者が誰かわかりません。また、着信拒否や番号変更などで対処することはできますが、それでは相手を突き止めることはできません。...続きを読む

あわせて読みたい

シェアしたくなる法律相談所の記事をもっと見る 2018年4月11日のライフスタイル記事
「公衆電話からの迷惑電話、対策は?」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    被害者は泣き寝入り、加害者は野放し。あと、ネットに個人が全国の個人電話番号を晒してる。 NTTに確認したが、ノーコメント。著作権の侵害どころかNTTは儲かるからね。悪質で汚ったねーNTT。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。