私用スマホを会社で充電すると犯罪になり得る!? 弁護士の見解は…

私用スマホを会社で充電すると犯罪になり得る!? 弁護士の見解は…
先日、ある掲示板に男性会社員と思われる人物から「会社に入ったばかりの新人が、入社後すぐ会社のコンセントで堂々と私用のスマートフォンを充電しており、それが気に食わない」と投稿があり、物議を醸しました。
新人が私用スマホを会社で充電するのはけしからん?
投稿者によると、ほかの社員は個人携帯で顧客と連絡を取ることがあるため、充電しているそう。投稿者の主張は、「何の実績もない新人がスマホを充電するなんてけしからん」というものでした。
これに対し、ネット上では「大した金額でもないのにケチくさい」「それくらい認めれやれよ」「老害的思想」と散々叩かれていました。
しかし、「確かにおかしい」と声を上げた人も存在しています。法的に見て、会社のコンセントで私用のスマホを充電することは問題ない行為なのでしょうか?
エジソン法律事務所の大達一賢弁護士に見解を伺いました。

法的に見てどうなの?
大達弁護士:「まず、電気は刑法上『財物とみなす』とされ、財物として扱われるため(刑法245条)、会社の従業員が、会社の電源を使用して私用のスマホなどを充電することについて、会社側が許諾していない場合には、窃盗罪(刑法235条・245条)が形式上成立する可能性があります。
簡単に言い換えると、刑法は、他人の管理下にある電気を勝手に使用した場合には、他人の物を盗んだ場合と同様に考えましょう、という規定になっているのです。
とすると、もし、会社側が許諾していないにもかかわらず、会社が管理している電気を勝手に使用して私用のスマホなどを充電した場合には、形式的には窃盗罪に当たると言えそうです。...続きを読む

あわせて読みたい

シェアしたくなる法律相談所の記事をもっと見る 2018年12月28日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。