賛否両論! 年末年始の出勤を強要し「スーパーで働くとはそういうこと」と居直る店長。弁護士の見解は…

賛否両論! 年末年始の出勤を強要し「スーパーで働くとはそういうこと」と居直る店長。弁護士の見解は…
先日、Twitter上であるユーザーが公開した画像が波紋を呼びました。それは、スーパー店長が年末年始のシフトについて呼びかけた一枚の紙。
そこには「わかっているとは思いますが、12月22日から1月6日までは出勤お願いします。帰省もあると思いますが、スーパーで働くとはそういうことです。ご協力お願いします」と書かれていました。
画像に賛否両論
この画像は賛否両論で、労働者サイドからは「ふざけてる」「ありえない」と非難の声が上がりますが、「気持ちはわかる」「年中無休ならある程度は仕方ない」など、理解を示す人も。
働く側としては、「帰省は許さない。年末年始は出ろ。それがスーパーで働くということだ」と言われているようにも思えます。パワハラを受けているように感じてしまいますが、このような考えを持つ店舗運営責任者は多いようです。
法律的に見てこのような措置は認められるのでしょうか?  琥珀法律事務所の川浪芳聖弁護士に見解を伺いました。

法的に認められるのか?
川浪弁護士:「労働時間の上限や休日について定める、労働基準法32条や35条に違反しない範囲でシフトを組むことが前提として必要ですが、労働契約の内容あるいは就業規則の内容次第と考えます。スーパーのようにクリスマスや年末年始に繁忙期を迎えるような職種については、採用(面接)の時点で、使用者が労働者に対して、年末年始の出勤状況などの説明・確認をし、労働者の了承を得た上で労働契約を締結している場合があります。...続きを読む

あわせて読みたい

シェアしたくなる法律相談所の記事をもっと見る 2018年12月25日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。