これは怖い!Twitterの「ものまねアカウント」で懲役の可能性

イリノイ州ピオリアの警察が、Twitterでピオリア市長になりすましたアカウント「@Peoriamayor」を作ったと疑われる人物に対して家宅捜索を行い、PCと携帯電話を押収したということが話題になっています。

このアカウントには、プロフィール画像に市長の画像が使用され、経歴やメールアドレスも市長の正規のものが記載されていたとのことです。

どのような理由で家宅捜索を受けたということまでは報じられていませんが、日本においても同じようなことが起こりえるのか、検討してみようと思います。

これは怖い!Twitterの「ものまねアカウント」で懲役の可能性

■なりすましただけでは犯罪にならない

ある人物になりすましたアカウントを作ること、それ自体を犯罪とすることは難しいです。

犯罪が成立するためには、予め法律によって犯罪として定められていることが必要で、かつ、その要件を満たすことが必要となります。これを罪刑法定主義といいます。

「なりすましのアカウントを作ること」そのものを犯罪とするためには、そのような罪が存在している必要がありますが、現状、そのような法律はありません。

したがって、アカウントを作るだけでは犯罪として成立させることは困難といえます。

■内容により名誉毀損罪が成立する余地がある

しかし、なりすましアカウントから、たとえば「ドラッグをやった」などといった犯罪行為を行ったという投稿がされた場合を考えてみましょう。

この場合、なりすましアカウントであると知っていれば問題ないかもしれませんが、そうでない場合がむしろ一般的だろうと思われ、なりすまされている人物(本人)がドラッグ(すなわち違法薬物)を使ったという誤解を受けることになります。この場合、なりすまされた人物の社会的評価は低下することになります。


あわせて読みたい

シェアしたくなる法律相談所の記事をもっと見る 2014年4月24日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら