コンバースがパクリ企業を提訴!「意匠権」って何?

米国の靴メーカー、コンバースが、主力商品の「チャックテイラー・オールスター」の類似商品を製造販売したとして、国内外の31社を、ニューヨークの連邦地裁及び米国際貿易委員会(ITC)に提訴しました。
提訴された会社の中には、ウォルマート・ストアーズやラルフローレンなどの有名企業の他、日本企業もあります。
コンバースは、これらの企業を「意匠権」侵害を理由として提訴しました。しかし、「意匠権」という言葉には馴染みがない人も少なくないのではないでしょうか。
そこで、今回は、意匠権とはどのような権利なのか、意匠権が侵害されたと判断する基準はどのようなものなのか、などについてお話したいと思います。
コンバースがパクリ企業を提訴!「意匠権」って何?

■意匠権とはどんな権利か?
まず、意匠権の「意匠」とは、日本では、「物品(物品の部分を含む)の形状、模様もしくは色彩またはこれらの結合であって、視覚を通じて美感を起こさせるもの」と定義されています(意匠法第2条第1項)。
定義を見ると一体何が保護されているのかわかりませんが、簡単に言えば、意匠とは「物のデザイン」のことであり、意匠権とは、物のデザインをコピーされたりしないように守る権利であると考えてもらえればよいでしょう。
日本では、物のデザインに意匠権を設定するためには、特許庁に登録の出願をし、設定登録されることが必要です。米国の場合も、同様に出願の上、登録されることによって初めて設定されるシステムになっています。

あわせて読みたい

シェアしたくなる法律相談所の記事をもっと見る 2014年10月25日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。