「わいせつ画像」のリツイートだけではなく「お気に入り」でもアウトに?

「ツイッター」のリツイート機能を使って女子児童のわいせつ画像をインターネット上に公開したとして、児童ポルノ法違反などの疑いで横浜市の男ら2人が書類送検され、14歳の少年が児童相談所に通告されました。
自ら投稿するのではなく、「リツイート」機能でわいせつ画像を拡散し、摘発されるのは全国で初めてということです。そこで、今回はこの事件について、法律事務所アルシエンの清水陽平弁護士に聞いてみました。
「わいせつ画像」のリツイートだけではなく「お気に入り」でもアウトに?

●なぜ書類送検された?
「児童ポルノ規制法7条6項は、児童ポルノの電磁的記録を不特定多数の者に提供したり、公然と陳列する行為を罰することとしています。つまり、児童ポルノの画像データをインターネット上に流すことは、公然と陳列する行為に当たるということになります。」

●ツイッターのフォロワーの人数は関係ある?
「リツイートをするということは、その児童ポルノを改めて公然と陳列するということになります。したがって、リツイートだから許されるということはなく、この規制に当然に抵触することになります。そして、これはフォロワー数は関係がありません。なぜなら、フォロワーの有無にかかわらず、ツイッターは原則としては誰からも閲覧できるからです。」
それではツイートを友人など一部の人にしか見せない「鍵アカウント」だった場合はどうなるのでしょうか。
「鍵をかけている場合は、誰からも見ることができるわけではないので、「公然と」といえるかという問題が出てきます。しかし、児童ポルノを電気通信回線を通じて提供することが同法7条2項により規制されているので、これに抵触するということになります。」...続きを読む

あわせて読みたい

シェアしたくなる法律相談所の記事をもっと見る 2014年11月23日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。