翻訳サイトに入力した情報が「丸見え」だった・・・悪いのは誰?

翻訳サイトで翻訳した内容が、ネット上で誰でも閲覧できる状態になっており、それが検索エンジンにもヒットする状態になっているということがニュースになっています。
不倫の示談内容のほか、省庁、銀行の機密情報、メール等の内容も含まれていたと報じられています。利用した人はまさか全世界に公開されるなんて思っていなかったでしょう。
サイトを利用し、情報を漏らしてしまった人が悪いのか、それとも翻訳サイト作成者が悪いのでしょうか。このような他人に知られたくない・知られたらマズイ情報を漏洩してしまった場合、誰が悪いということになるのかについて解説します。
翻訳サイトに入力した情報が「丸見え」だった・・・悪いのは誰?

■漏洩「した」側との関係で考える
法律関係を考える場合、「誰が権利を侵害したのか」ということを考える必要があります。
公開したのはサイトかもしれませんが、サイトを利用したのは自分ともいえます。このような場合、考えるべきは、利用規約等に公開される旨が規定されているかどうかという点です。
「公開される」ということが書いてあったのであれば、自己責任の度合いが強まりますし、書いていなければサイト側の仕様に問題があったといえます。
報道によると、問題のサイトではその点が明確に書いていたわけではなさそうです。そのため、自己責任の度合いは弱まり、法的にはサイト側に責任追及をしていく余地があると思います。
ただ、海外サイトのようなので、責任追及をしていくことは実際上は困難でしょう。

■漏洩「された」側との関係で考える

あわせて読みたい

シェアしたくなる法律相談所の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年2月27日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。