日本の空なのに航空機が飛べない「横田空域」はなぜ存在しているのか

羽田空港や成田空港を利用する飛行機から外の景色を見ていると「ん??」と思うことがあります。
たとえば関西方面から羽田空港に向かう飛行機の場合、羽田空港から南へ50kmほどの地点を通り過ぎ、その後房総半島端っこまで行き、左旋回した後に羽田空港に着陸します。(下記右画像参照)
せっかく障害物のない空の便を利用しているのにもかかわらず、なぜ大回りをしているのでしょうか。もちろん東京都心部の上空を低空飛行できないなどの制限はありますが、もっと大きな見えない壁「横田空域」が存在しているからです。
それを避けるために大回りを余儀なくされていますが、横田空域を管制する横田基地は米軍の基地です。それでは、なぜ米軍の基地が日本の空の多くを占有しているのでしょうか。
日本の空なのに航空機が飛べない「横田空域」はなぜ存在しているのか

■どのような法律に基づくものなのか
米軍による横田空域の管制権の法的根拠は、日米地位協定にあります。
話は第2次世界大戦に遡り、太平洋戦争当時、日本の領空を掌握した米軍は、安保条約に基づき、終戦後も日本に駐留することになりました。
その際、横田基地周辺の空域について、日米地位協定によって、米軍の管制を認めることになったのです。
したがって、米軍に横田空域の管制が認められている法的根拠は、安保条約に基づく日米地位協定ということになります。

■日米地位協定の内容
日米地位協定は、「協定」という名前になっていますが、国会承認がある2か国間条約ですので、日本政府に対する法的拘束力があります。

あわせて読みたい

シェアしたくなる法律相談所の記事をもっと見る 2015年5月20日のライフスタイル記事
「日本の空なのに航空機が飛べない「横田空域」はなぜ存在しているのか」の みんなの反応 5
  • 保守リベラル 通報

    以下のサイトを読めば「日本の空なのに飛べない」は嘘だと分かります。 【左翼の間に蔓延する「横田空域神話」のデタラメ】 https://togetter.com/li/889098

    2
  • 匿名さん 通報

    星野宏明さんは共産党系弁護士でしょうが、事実ではないことを書かないでください。

    1
  • 匿名さん 通報

    123便の事故でいろんな説が出て来るのもコレのせいかな

    1
  • Tomodachi 通報

    日本の空なのに、日本の法律が適用できない。日本という国が、アメリカ合衆国の敗戦国であることをいまだに引きずっていることは、両国の信頼関係のためにも良くない。同盟国なのだから。

    1
  • 匿名さん 通報

    米国から見たら中国や北朝鮮より日本のほうが潜在的脅威度は高いのです。日本が再び暴走しない様に駐留しているのです。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。