あなたも聞かれたかも! 面接の「違法な質問」の内容とその対処法

あなたも聞かれたかも! 面接の「違法な質問」の内容とその対処法

就職面接の際に、「出身はどこですか」、「何人家族ですか」、「尊敬する人物は誰ですか」といった質問を受けた経験はありませんか?
企業としては、志望者の人柄や能力を図るために、様々な質問をしますが、実はこういった質問は、法律に違反する可能性が非常に高いのです。

■どのような質問が違法になる?
職業安定法第5条の4および平成11年労働省告示第141号によると、労働者の募集を行う者は、「その業務の目的の達成に必要な範囲内で求職者等の個人情報を収集」しなければいけません。つまり、『業務と関係無い情報は収集してはいけませんよ。』ということになっております。
上記告示には、具体的に原則的には収集してはいけない情報として、

  • 人種、民族、社会的身分、門地、本籍、出生地その他社会的差別の原因となるおそれのある事項
  • 思想及び信条
  • 労働組合への加入状況

  • の3種類が列挙されています。こういった情報については、「特別な職業上の必要性が存在することその他業務の目的の達成に必要不可欠であって、収集目的を示して本人から収集する場合はこの限りではない」と、かなり限定的に例外を認めています。
    ただ、実際には上記3種類に関する質問が全くないとは言い切れないでしょう。企業としてコンプライアンス遵守の意識が高まってきている昨今においても、面接官個人の意識としてはそこまで配慮が行き届いていないというケースも有り得ます。

    ■実際に違法な質問を受けたら?

    あわせて読みたい

    シェアしたくなる法律相談所の記事をもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    ライフスタイルニュースアクセスランキング

    ライフスタイルランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る
    2015年8月11日のライフスタイル記事

    キーワード一覧

    このカテゴリーについて

    生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。