これぞVIPカー!「Y31セドリック」のジャンクションプロデュース仕様を華麗に再現!【モデルカーズ】

これぞVIPカー!「Y31セドリック」のジャンクションプロデュース仕様を華麗に再現!【モデルカーズ】
拡大する(全1枚)
「いつかはクラウン」というキャッチコピーとともに日本車ヒエラルキーの絶対的象徴となったトヨタ・クラウンに対し、ライバルたる日産セドリック/グロリアは劣勢を強いられてきた。
そんな中で起死回生の一発となったのが、1987年デビューのY31型(セドリックとしては7代目、グロリアとしては8代目)である。
リアサスペンションにセミトレーリングアームを採用、初の四輪独立懸架となり、走る曲がるを重視したY31だが、それだけにとどまらず、スポーツ性を前面に押し出したグレード、グランツーリスモ/同 SVをラインナップ。
2リッターにのみ用意されたグランツーリスモ系だが、フォグランプ埋め込みフロントスポイラーおよびリアスポイラーを標準装備したルックスは、それまでの「おやじグルマ」のイメージが強かったセドグロとしては相当思い切ったもので、新たな購買層を獲得するに至ったのである。
さらに翌年には、3ナンバー専用ボディを持つ上級モデルのシーマ(正確には車名にセドリック/グロリアが冠されていた)をリリース、その豊かなボディフォルムはV6 3リッター・ツインカムターボの暴力的な加速と相まって独自の世界を構築し、Y31型系の成功をさらに大きく押し広げたのであった。
Y31セドリック/グロリアのプラモデルは、実車が新車であった当時にアオシマとフジミからリリースされており、どちらもグランツーリスモSVをキット化、フジミのみ3リッターのブロアムVIPも展開している。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

IN THE LIFEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「日産自動車」に関する記事

「日産自動車」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「日産自動車」の記事

次に読みたい「日産自動車」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク