『牧場物語』を手がけてきたゲームクリエイター和田康宏氏(@Yasuhiro_Wada)の新作『Birthdays the Beginning』が、2017年1月19日発売にPS4タイトルとしてアークシステムワークスから発売されます。

ジャンルは“いのちをうみだすみんなのハコニワ”となっており、9月15日からスタートした「東京ゲームショウ2016」にも出展。和田氏の新作とあって注目度が高い作品ですが、いったいどんなゲームなのかいまいち分からない作品でもあります。

そこで「東京ゲームショウ2016」に訪れていた和田氏にインタビューを実施。本作の魅力を訊いて来ました。

――本作が発表されたとき、一番驚いたのは和田さんの新作がアークさんから出るということでした。ただトイボックスさんとアークさんは『魔都紅色幽撃隊』で一緒に仕事をされているので、それがきっかけなのかなと勝手に想像していたんですが、いかがでしょうか。

和田:もともとアークシステムワークス社長の木戸岡さんとは20年以上前からうすーく面識があったんですが、弊社の金沢十三男がプロデュース、今井秋芳さんが監督・脚本を担当された『魔都紅色幽撃隊』をきっかけにちょいちょいお会いすることになりまして、ある時に「和田さんも何か作ってよ」と言われたのが始まりです。

ただ最初は「僕のゲームの雰囲気ってアークさんに合うのかな」と心配していたんですが、木戸岡さんは「格闘ゲームだけではなく、もっとアークシステムワークスとしての幅を広げたい」と仰られまして、僕が前々から暖めていた『Birthdays the Beginning』の元となった企画をお出ししたんです。そしたら「難しい」「アカデミックだ」と言われてしまいまして(笑)。

この記事の画像

「【インタビュー】和田康宏の新作『Birthdays』の魅力に迫る!人類を生み出すも絶滅させるもプレイヤー次第」の画像1 「【インタビュー】和田康宏の新作『Birthdays』の魅力に迫る!人類を生み出すも絶滅させるもプレイヤー次第」の画像2 「【インタビュー】和田康宏の新作『Birthdays』の魅力に迫る!人類を生み出すも絶滅させるもプレイヤー次第」の画像3 「【インタビュー】和田康宏の新作『Birthdays』の魅力に迫る!人類を生み出すも絶滅させるもプレイヤー次第」の画像4
「【インタビュー】和田康宏の新作『Birthdays』の魅力に迫る!人類を生み出すも絶滅させるもプレイヤー次第」の画像5