【特集】イラストをVRや3D空間で全方位に動かせる 「Live2D Euclid」に迫る ― 2D顔+3D体という”作画”して生み出す、新次元の3D表現

【特集】イラストをVRや3D空間で全方位に動かせる 「Live2D Euclid」に迫る ― 2D顔+3D体という”作画”して生み出す、新次元の3D表現
【特集】イラストをVRや3D空間で全方位に動かせる 「Live2D Euclid」に迫る ― 2D顔+3D体という”作画”して生み出す、新次元の3D表現
自分が描いたイラストを自由に動かす――それを一定以上のクオリティで実現しようと思えば、非常に時間がかかるか、多人数で取り組む必要がありました。

ですが技術の進歩や新たな発想により、「自分が生み出したキャラを動かす」という夢はより実現しやすいものになっています。その中でも、1枚のイラストをもとに2Dキャラクターを立体的に動かせる「Live2D Cubism」は、多くの方に衝撃と新たな表現の幅を与えました。

「一枚絵からの究極の表現」を実現するため、今も進化を続けている「Live2D Cubism」。その「Cubism」とは異なる方向性を目指し、上下左右全方位の立体表現を可能とする新たなモデル制作ソリューション「Live2D Euclid」が鋭意開発中です。2016年7月2日に行われた年次イベント「alive 2016」では、「Live2D Euclid」で作られたキャラクター“ユイ”のVRデモ「Live2D 保健室」を出展。新技術の片鱗を味わった体験者たちが驚きの声をSNSなどに寄せ、話題を集めました。

今後のゲーム業界にも一石を投じる新たなツールになるであろう「Live2D Euclid」。今回はその本質に迫るべく、「Euclid」の制作にあたる開発陣にインタビューを行いました。これまで道のりやその魅力、そして来年迎える新たな展開を、こちらでご覧ください。

聞き手・文:臥待弦
企画・編集:栗本浩大(@koudai5511)

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る 2017年1月3日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。