『蒼き革命のヴァルキュリア』帝国四将が操る大型機械「重咒機」戦のポイントを解説

『蒼き革命のヴァルキュリア』帝国四将が操る大型機械「重咒機」戦のポイントを解説
『蒼き革命のヴァルキュリア』帝国四将が操る大型機械「重咒機」戦のポイントを解説
セガゲームスは、PS4ソフト『蒼き革命のヴァルキュリア』に登場する「重咒機」の詳細を公開しました。

『蒼き革命のヴァルキュリア』は、『ヴァルキュリア』シリーズ最新作となるRPGです。本作では、復讐を果たすため国をも巻き込む戦争を仕掛けた主人公たち、そして目的遂行の最大の敵として現れる「ヴァルキュリア」の物語が展開。「死」が当たり前のようにそこにある戦争という状況下で復讐のために国を巻き込む戦争を仕掛けた若者たちの群像劇や、リアルな戦場を体感できるバトルシステムなど注目ポイントが満載の作品となっています。

本作に登場するアンチ・ヴァルキュリア部隊「ヴァナルガンド」の前に立ちふさがる帝国四将は、いずれも強力な「重咒機」を愛機としています。今回は、その特徴と戦いに際してのポイントを解説します。

◆「咒機」とは何か
「咒構(咒術的な機構)」を内蔵した大型機械は「咒機」と呼ばれ、大きさや重量に応じて「軽咒機」「重咒機」などと呼び分けられます。そのなかでも兵器転用されたものは、「戦闘咒機」と呼ばれ区別されています。

咒機はもともと移動・運搬用大型機械として開発されたが、その製作の根本には「生物を模する」という思想が存在します。なぜなら、この世界にはヴァルキュリアを始めとする「超常的生物」が存在しており、古来よりそれらを「労力」として使役してきた背景があるからです。

産業革命および帝国化が遅れたルーシ帝国は、初期軍備こそ他国に委ねましたが、ライセンス生産で培った技術や侵略した周辺国の技術や資源により、帝国化から約10年後に自国の設計・開発による重咒機を製造し始めました。

あわせて読みたい

気になるキーワード

インサイドの記事をもっと見る 2017年1月17日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら