「Nintendo Switch」発表会、市場に溢れる思惑の正体とは【Re:エンタメ創世記】

■市場は任天堂に何を求めているか

任天堂の株価が乱高下している。

2016年を振り返ってみると、7月の『ポケモンGO』で31,000円台を迎え、その後順調に推移するかと思われたが、徐々に株価は下落、12月16日の『スーパーマリオンラン」で29,000円台にまで一時的に回復した。それも束の間、年末に向かい徐々に下落傾向に陥り、1月13日の「Nintendo Switch」発表直前には25,000円ほどまで戻すものの、1月13日、発表会の進行途中もコンテンツのタイトル発表とともに株価は微妙なレンジで上下動を繰り返し、その後、原稿を書いている現在も下落傾向にある。

遡れば、任天堂の株価は2007年の年末近くに70,000円台まで上昇した実績がある。(※株式購入は100株単位なので、当時購入するには700万円相当が必要)

この数値は当時新発売になった「Wii」(2006年12月2日日本発売、北米11月19日発売)に対しての期待値と思われるが、それをピークに下落の一途を辿った。また、近年の株価を俯瞰して見ると10,000円台の中盤を推移している。

その点から見れば、現在の株価は普通に考えれば悪くないと思うこともできるが、投資家、市場は何を期待しているのだろうか?と考えさせられるところが多い。

■従来と異なる異色のプレゼンテーションとその内容

Nintendo Switch」本体と、発表されたソフトラインナップだが、私個人としては十分に価値のあるものだったと思っている。

この記事の画像

「「Nintendo Switch」発表会、市場に溢れる思惑の正体とは【Re:エンタメ創世記】」の画像1 「「Nintendo Switch」発表会、市場に溢れる思惑の正体とは【Re:エンタメ創世記】」の画像2 「「Nintendo Switch」発表会、市場に溢れる思惑の正体とは【Re:エンタメ創世記】」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「任天堂」に関する記事

「任天堂」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「任天堂」の記事

次に読みたい「任天堂」の記事をもっと見る

ゲームニュースランキング

ゲームランキングをもっと見る
お買いものリンク