【特集】『GWで一気にプレイしたい海外良質RPG』10選

【特集】『GWで一気にプレイしたい海外良質RPG』10選
【特集】『GWで一気にプレイしたい海外良質RPG』10選
今年もいよいよ目前に迫るゴールデンウィーク。ゲーマーにとっては普段時間が取れずプレイ出来なかったゲームをたっぷりと遊ぶチャンスでもあります。特に大型連休は、どこもかしもこ人でごった返して、外に遊びに出かけるのも大変。そこで、今回はゴールデンウィークを利用して、家にいながら大冒険が出来る、連休中に一気にプレイしたい海外の良質なRPGをご紹介します。

なお、本稿では、主にシングルプレイに特化した海外RPG作品を新旧問わずピックアップしており、『スカイリム』や『ウィッチャー』、『マスエフェクト』といった国内でも比較的メジャーなタイトルは除外していますので、ご了承ください。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
■Piller Of Eternity(Steam)
開発/パブリッシャー: Obsidian Entertainment/Paradox Interactive
発売日: 2015年3月27日 価格: 4,580円

2012年、Kickstarterにて『Project Eternity』として発足され、24時間で当時のゲームカテゴリにおける最高記録390万ドルを記録(最終的に430万ドルの資金を調達)した、老舗Obsidian Entertainmentの完全新作RPG『Piller Of Eternity』。豊富なクエストや多岐に渡るロールプレイ要素、膨大な量のフレーバーテキストやダイアログなど、後ほどご紹介する『Baldur's Gate』をベースに、細部まで現代風にリファインした、まさに現代に蘇った古き良きRPGと呼ぶべき作品。新作『Pillars of Eternity II: Deadfire』の予習も兼ねて、同社最新作の『Tyranny』をプレイしてみるのも良いでしょう。

あわせて読みたい

気になるキーワード

インサイドの記事をもっと見る 2017年4月24日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。