【ネタバレあり】万博中に起きた科学実験爆発事件の謎を解く!『大逆転裁判2』プレス体験会レポ・その2

【ネタバレあり】万博中に起きた科学実験爆発事件の謎を解く!『大逆転裁判2』プレス体験会レポ・その2
【ネタバレあり】万博中に起きた科学実験爆発事件の謎を解く!『大逆転裁判2』プレス体験会レポ・その2
       
19世紀末の日本と倫敦を舞台に、弁護士・成歩堂龍一の先祖「成歩堂龍ノ介」が活躍する新たな大法廷バトル『大逆転裁判』。その続編である3DS『大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-』が2017年8月3日に発売となります。

今回は、発売に先駆けプレス体験会が開催。その模様を2回に分けてお送りいたします。2回目となる本記事では、科学実験爆発事件のプレイレポートをお届けします。

■【ネタバレあり】よりドラマチックな演出へと進化した『大逆転裁判2』プレス体験会レポ・その1
https://www.inside-games.jp/article/2017/06/03/107612.html

 
19世紀最大となる万博には、各国から数多の展示や催し物が出展されていましたが、中でもひときわ異彩を放つ科学実験が行われていました。それは、鳥籠(ケージ)の人物をステージから水晶塔へ瞬時に移動させるという脅威の科学「超電気式・瞬間移動技術」の実験でした。

 
大勢の観衆が見守る中、実験装置は大爆発を起こし、実験台となった紳士は水晶塔で遺体となって発見されます。この実験シーンは、3Dキャラクターによるイベントムービーで語られます。モーションキャプチャーで表現された動きにより、まるでアニメーションのようにスムーズなアクションが見られ、爆発の衝撃やキャラクターの躍動感が感じられました。

 
この後、龍ノ介は、ヴォルテックス首席判事から爆発事件の担当弁護士を依頼されます。依頼人は、独逸から訪れたベンジャミン・ドビンボー博士。科学を愛する彼は、「実験は成功したけれど、不幸な事故だった」と殺人を否定します。事故なのか殺人なのかによって判決は大きく変わり、事故ならば「科学技術保護特例」によって保護を受けられます。一方、殺人となると実験装置が凶器として扱われるため、実験の技術が漏れてしまうという危機にあると告げられます。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「逆転裁判」に関する記事

「逆転裁判」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「逆転裁判」の記事

次に読みたい「逆転裁判」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年6月16日のゲーム記事

キーワード一覧

  1. 逆転裁判 アニメ
  2. 逆転裁判 映画

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。