【今から遊ぶ不朽のRPG】第15回『聖剣伝説2』(1993)

【今から遊ぶ不朽のRPG】第15回『聖剣伝説2』(1993)
【今から遊ぶ不朽のRPG】第15回『聖剣伝説2』(1993)
今回紹介するのは、1993年にスクウェア(現スクウェア・エニックス)から発売された『聖剣伝説2』です。同社はこれまでに数多くのアクションRPGをリリースしていますが、当時はまだ珍しく、「スクウェアのARPG=聖剣シリーズ」といったイメージもあったほど。

ファイナルファンタジー』(以下、FF)シリーズが一大ヒットを記録し、またゲームボーイで登場した『Sa・Ga』3部作も独特な切り口で好評を博すなど、RPG関連で大きな成功を収めてきました。そんなスクウェアが新たに展開させたアクションRPGシリーズの第二弾は、様々な面で注目を集め、またその期待に応えました。まずは、リリースされた当時の背景からご紹介します。

◆「スクウェアのアクションRPG」の代表格
スクウェアは、黎明期から様々なジャンルのゲームを手がけており、シューティングやレースゲームなども展開。ですが多くの少年少女にとっては、やはり『FF』シリーズをはじめとした、RPG作品のイメージが強いメーカーでした。『FF』シリーズのみならず、『ディープダンジョン』シリーズや『スクウェアのトム・ソーヤ』、シミュレーション要素も交えた『半熟英雄』などの存在も、その印象に拍車をかけました。

そういったイメージの打破に貢献したのが、ゲームボーイソフト『聖剣伝説 ~ファイナルファンタジー外伝~』です。サブタイトルに『FF』の名を冠しており、「ケアル」「ファイア」といったお馴染みの魔法なども登場。しかしゲーム内容は、多彩な武器を使いこなして敵を打ち倒すアクションRPGになっており、スクウェアが提案する新たな可能性を多くのプレイヤーが体験しました。

あわせて読みたい

気になるキーワード

インサイドの記事をもっと見る 2017年7月23日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。