ボードゲーム『桜降る代に決闘を』がデジタルゲーム化―原作からの変更点や最新情報が公開

ボードゲーム『桜降る代に決闘を』がデジタルゲーム化―原作からの変更点や最新情報が公開
ボードゲーム『桜降る代に決闘を』がデジタルゲーム化―原作からの変更点や最新情報が公開
有限会社センキは、ボードゲーム『桜降る代に決闘を』をデジタルゲームとしてiOS/Androidアプリとにじよめにてリリースすることを発表しました。

『桜降る代に決闘を』は大会などのイベントが定期的に開催されています。6月~7月に行われた全国大会には地方予選を含め200名以上が参加し盛り上がりを見せており、今回満を持してのデジタルゲーム化となります。

◆『桜降る代に決闘を』とは

『桜降る代に決闘を』はBakaFire Partyが開発・販売しているボードゲームで、プレイヤーはメガミの力を宿した能力者となり戦うボードゲームです。

■キャラクター2人を組み合わせ

多数のメガミが存在し、近距離攻撃が得意なものや割り込み能力を持ったものなど様々なメガミたちを2人組み合わせて戦います。

■相手のキャラクターを見てからデッキを組む

デッキは10枚、山札として巡る7枚の通常札とゲーム中1回だけ使える3枚の切り札が存在します。キャラクター1人に対し11枚のカードが存在し、キャラクター2人分の合計22枚のカードの中から10枚を選びデッキを構築します。
キャラクターを選んでからデッキを組むため対戦相手の選んだキャラクターを見てから戦略を立てることが可能です。

デジタルゲーム版での変更点と今後の情報
■デジタルゲーム版の変更点
・新メガミの追加
既存キャラクターのアナザーバージョンなど多数の新キャラクターが登場予定。

・ストーリーモード搭載

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る 2017年8月8日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。