【CEDEC 2017】基調講演『ソードアート・オンライン』が見せる未来、小説とテクノロジーについて語る

【CEDEC 2017】基調講演『ソードアート・オンライン』が見せる未来、小説とテクノロジーについて語る
【CEDEC 2017】基調講演『ソードアート・オンライン』が見せる未来、小説とテクノロジーについて語る
日本最大のゲーム開発者向けカンファレンス「CEDEC 2017」が、パシフィコ横浜にて2017年8月30日~9月1日に開催中です。その基調講演となる、「『ソードアート・オンライン』仮想から現実へ。小説とゲーム技術のお話~ソードアート・オンラインが現実になる日まで。~」をレポートします。

本公演には、『ソードアート・オンライン』の作者である川原礫氏、株式会社バンダイナムコエンターテインメントの原田勝弘氏、二見鷹介氏が登壇。オンライン小説からゲーム、テレビアニメ、映画などへのメディアミックス展開、MMORPGの世界やVR、AIなどの最新技術の話題の話題を中心に対談が行われました。

『ソードアート・オンライン』とは、2001年からWebで連載を開始した小説。舞台は2022年次世代ネットワークゲームVRMMORPG《ソードアート・オンライン》、そこで巻き起こるVRやAR、AIをモチーフにした出来事を描いた少年少女の物語です。川原氏は1990年代からMMORPGをプレイされており、当時はちょうどネットワークを使ったゲームが一般的になりつつある時代ゆえに生まれた作品とのこと。原作小説はシリーズ累計2000万部、現在はメディアミックス展開もされており、劇場版の興行収入は25億円、ゲームはワールドワイドで300万本を売り上げています。

最初の議題は、VRMMORPGを舞台とした『ソードアート・オンライン』における小説視点でのゲーム表現について。川原氏は、自分の肉体がアバターであることを意識しており、ディティールフォーカシングシステムと名付けて、ものを近くで見たときだけ解像度が増すという設定を作られたそうです。また、VR世界で表現するにあたって難しいことについて「髪の毛、液体、食べ物」を挙げました。小説内での表現で二見氏は、「女の子がお風呂に入るシーンで、デジタル世界でも髪型を変えて人間らしい生活をしているのが好きでした」と述べました。

あわせて読みたい

気になるキーワード

インサイドの記事をもっと見る 2017年8月30日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら