【TGS2017】PS4一億台の普及に向けて、さまざまな努力を続けていくーSIE吉田修平氏インタビュー

「2017 PlayStation Press Conference in Japan」でコアユーザー向けからカジュアルユーザー向けまで、幅広い新作タイトルを発表したソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)。累計実売台数が全世界で100万台を突破したPlayStation VR(PS VR)も、新たにPlayStation Camera同梱版の新価格が発表され、さらなる躍進が期待されます。こうした中、ゲームソフト開発を統括するワールドワイド・スタジオ プレジデントの吉田修平氏に現状と課題について聞きました。[取材・構成:森元行]

◆カジュアルからコアユーザー向けまで幅広いラインアップを用意
――プレスカンファレンスの反響はいかがでしたか?

吉田:新しいタイトル発表が印象に残ったという話が多かったです。また一般紙ではPS VRのPlayStation Camera同梱版の新価格が大きく報じられているようです。

――PS VRについては、相変わらず供給不足が指摘されています。

吉田:供給は今年2月ら徐々に増やしていて、需給バランスも徐々にとれてきていますが、まだ不足気味です。しかし10月以降はかなり供給が増やせると思います。そうした体制がようやく整いましたので、我々もこのタイミングでお求め安い価格に設定いたしました。

――PS VRのタイトルについて、今後の見通しはどうですか?

吉田:今回のプレスカンファレンスでもいくつか発表いたしましたが、弊社からは『グランツーリスモSPORT』『V!勇者のくせに生意気だR』が出ますし、海外で作っている『The Inpatient 闇の病棟』や『Bravo Team』も今年中に発売する予定です。PS VRのユーザーさんも徐々にゲームの深さであったり、長く遊べたり、オンラインでマルチプレイができるような体験を求められてきていると思いますので、そこは意識して毎年ずつ、少しずつでも規模感のあるもの、あるいは長く遊べるようなものを作って、出していく準備をしてきています。

この記事の画像

「【TGS2017】PS4一億台の普及に向けて、さまざまな努力を続けていくーSIE吉田修平氏インタビュー」の画像1 「【TGS2017】PS4一億台の普及に向けて、さまざまな努力を続けていくーSIE吉田修平氏インタビュー」の画像2 「【TGS2017】PS4一億台の普及に向けて、さまざまな努力を続けていくーSIE吉田修平氏インタビュー」の画像3 「【TGS2017】PS4一億台の普及に向けて、さまざまな努力を続けていくーSIE吉田修平氏インタビュー」の画像4
「【TGS2017】PS4一億台の普及に向けて、さまざまな努力を続けていくーSIE吉田修平氏インタビュー」の画像5

当時の記事を読む

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「プレイステーション」に関する記事

「プレイステーション」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「プレイステーション」の記事

次に読みたい「プレイステーション」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク