【TGS2017】王道からは外れたものを――『禍つヴァールハイト』クリエイター陣にインタビュー

【TGS2017】王道からは外れたものを――『禍つヴァールハイト』クリエイター陣にインタビュー
【TGS2017】王道からは外れたものを――『禍つヴァールハイト』クリエイター陣にインタビュー
       
「東京ゲームショウ2017」初日となる9月21日、KLabGamesブースのステージでは、スマートフォン用のオリジナルゲーム2タイトル『禍つヴァールハイト』と『Project PARALLEL』が発表されました。(ゲームの概要や発表内容はこちら)

本稿では、スマートフォン用オンラインRPG『禍つヴァールハイト』のクリエイター陣によるインタビューをお届けします。ステージに登壇された、プロデューサーの坂尻一人氏、シナリオの生田美和氏、メインテーマ作曲の横山克氏、キャラクターデザインを手がけるThird EchoesのShingo Sugimoto氏とWataru Katsuo氏にお話をうかがいました。

左から生田美和氏、横山克氏、Third EhoesのWataru Katsuo氏とShingo Sugimoto氏、坂尻一人氏
――まずは、タイトルに込めた意味について教えてください。

坂尻氏:“禍つ”はそのまま禍々しいという意味で、ヴァールハイトはドイツ語で“真実”という意味です。本作の世界は“光”が滅びをもたらす不吉の象徴で、これは光というものに抱きやすいイメージとは正反対ですよね。本作では、この光という普遍的な自然現象と対峙するため、人間にとって都合の悪い真実というような意味合いが込められています。

また、「王道の作品にはしたくないよね」という思いがチームでありまして、分かりやすいだけのタイトルにはしたくなかったんです。分かりやすい王道より、ちょっと背伸びしたところをイメージしました。

当時の記事を読む

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「RPG」に関する記事

「RPG」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「RPG」の記事

次に読みたい「RPG」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年10月1日のゲーム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。