【何なのだ、これは!】鬼才、ヨコオタロウ氏が手掛けたゲーム作品まとめ【どうすればいいのだ?!】

【何なのだ、これは!】鬼才、ヨコオタロウ氏が手掛けたゲーム作品まとめ【どうすればいいのだ?!】
【何なのだ、これは!】鬼才、ヨコオタロウ氏が手掛けたゲーム作品まとめ【どうすればいいのだ?!】
2017年2月に発売された『ニーア オートマタ』が世界累計出荷・ダウンロード販売本数が200万本を記録するなど、国内外のファンを魅了し続けているゲームクリエイター、ヨコオタロウ氏。同氏の手がける作品は既存のゲームでは考えられないような独創的な挑戦を試みるものが多く、そんな「ヨコオワールド」の魔力に取り憑かれてしまったユーザーも少なくありません。

そこで今回は、ヨコオタロウ氏が関わった作品を振り返ってみたいと思います。長年、ヨコオ作品に親しんでいる方も、『ニーア オートマタ』や『シノアリス』からヨコオ作品に触れた方も、ぜひお付き合い下さい。

なお本稿ではストーリーの核心などには触れませんが、ヨコオ作品ならではの特異な特徴を紹介するため軽度のネタバレを含みます。ご注意ください。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
◆ドラッグ オン ドラグーン
(PS2 2003年9月11日発売)

3作品に渡って展開された「ドラッグ オン ドラグーン」シリーズの、記念すべき第1作。本作は複数の敵を薙ぎ倒していく地上戦と、ドラゴンに騎乗する空中戦という2種類のバトルシーンを採用したアクションRPGです。

本作で大きな話題になったのは、陰鬱で救いの無いシナリオの数々。マルチエンディングが導入されており、合計5つにまでストーリーが分岐するのですが、どれもこれもハッピーエンドとは程遠いという徹底ぶり。特に最後のエンディング(通称“新宿エンド”)を見るためには、「ほかのエンディングを全て見る」「ゲーム内に登場する全ての武器を集める」という厳しい条件を達成し、さらに唐突に始まる超絶難度の音ゲーをクリアしなければならないほどハードルが高いのですが、そこまで苦労してエンディングを見ても、プレイヤーの心が晴れるような展開とはいきませんでした。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る 2017年10月4日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。