『FFXV』にそっくりだけどゲーム性は全然違う?PSXで『Lost Soul Aside』をプレイ【PSX 17】

『FFXV』にそっくりだけどゲーム性は全然違う?PSXで『Lost Soul Aside』をプレイ【PSX 17】
『FFXV』にそっくりだけどゲーム性は全然違う?PSXで『Lost Soul Aside』をプレイ【PSX 17】
2016年の夏に『Final Fantasy XV』に強く影響を受けている作品ということで話題になった、中国人ゲーム開発者Yang Bing氏によるアクションゲーム『Lost Soul Aside』が、PlayStation Experience 2017にて初のプレイアブル展示となりました。良くも悪くも話題を呼んだ本作がどんなゲームに仕上がりつつあるのか、実際にプレイしてきました。

本作の主人公である“KAZER”が『FFXV』の主人公ノクティスにそっくりなのは開発者自身も認めているところ。もともと、個人で開発を行っていたゲームとのことで、好きなゲームの影響が色濃くでてしまったのかもしれません。では、ゲームの中身はいったいどのように仕上がっているのでしょうか。既出のトレーラーなどでは、これまた『FFXV』のシフトに似た回避行動によるアクションが展開していましたが...。

まず、実際にプレイして気づく『FFXV』との相違点は、本作が純粋なアクションゲームであるということ。試遊デモは、荒野のような広いフィールド(これも『FFXV』の序盤そっくり)に出現する敵を撃破していくというもの。出現する敵は段階的に強くなっており、最終的に大型モンスターのボスが登場するという流れで、操作のチュートリアルとしても段階を踏んでいくので理解しやすいデモとなっていました。

『Lost Soul Aside』のアクションのコア部分は、言ってしまえば『Devil May Cry』。□での通常攻撃や△で敵を上空に切り上げてのコンボ攻撃などは、まさにといった感じ。しかし、□と×ボタン同時押しによる(瞬間移動的な)回避や△と○ボタン同時押しによる必殺技といったボタンレイアウトは非常に操作しやすく、アクションゲームとしての感触もしっかりとしています。また、敵モンスターを倒したときに血しぶきが広がる演出にはぎょっとさせられます。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

インサイドの記事をもっと見る 2017年12月11日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「プレイステーション」のニュース

次に読みたい関連記事「プレイステーション」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。