コーエーテクモ、カプコンからの特許権侵害訴訟に一部勝訴―『真・三國無双』シリーズなどに関する訴えが棄却に

コーエーテクモゲームスは12月14日に、カプコンから提訴されていた特許侵害訴訟について、一部勝訴したと発表しました。

この訴訟は、2014年7月4日に、コーエーテクモの製品がカプコンの持つ2件の特許権を侵害しているとして、大阪地方裁判所に提訴されたものです。

侵害されているとされた特許権の1つは、特許第3350773号(以下A特許)で、コーエーテクモの『真・三國無双』シリーズ、『戦国無双』シリーズがその特許権を侵害しているとされました。この特許権は、簡単にいうと、「同一シリーズの作品を買い揃えていくと、過去作と連動して新作で何らかの要素が解禁されるなど、ゲームをより楽しめるようになる」といった仕組みに対する特許となります。詳しくはこちら。

もう1つの特許は第3295771号(以下特許B)で、『零』シリーズが、「敵が近くにいる場合にコントローラーが振動する」といった仕組みに関する特許を侵害しているとされました。

これらに関してカプコン側は9億8,323万1,115円(A特許に関する請求額8億9,123万1,115円、B特許に関する請求額4,700万円)の損害賠償等を請求していました。2017年12月14日に大阪地方裁判所第26民事部(裁判長:高松宏之判事)は、A特許に関する請求を棄却。一方B特許の侵害を認め、損害賠償額の一部にあたる517万(B特許に対する請求額470万円、弁護士費用等47万円)円の支払いをコーエーテクモに命じたとのことです。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. カプコン 株価
インサイドの記事をもっと見る 2017年12月14日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「カプコン + 株価」のおすすめ記事

「カプコン + 株価」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「スクウェア・エニックス」のニュース

次に読みたい関連記事「スクウェア・エニックス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アークシステムワークス」のニュース

次に読みたい関連記事「アークシステムワークス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら