『モンハン:ワールド』モンスターの寝顔・第2弾―ジャグラスからランゴスタまで小型をピックアップ

『モンハン:ワールド』モンスターの寝顔・第2弾―ジャグラスからランゴスタまで小型をピックアップ
『モンハン:ワールド』モンスターの寝顔・第2弾―ジャグラスからランゴスタまで小型をピックアップ
インサイド/Game*Sparkでも、いろいろな形で特集&ニュース記事をお送りしているタイトル『モンスターハンター:ワールド』。今回は、モンスターの寝顔を紹介する企画の第2弾をお届けします。ピックアップするのは草食種や翼竜種などの小型モンスターたちです(下位に登場するもの)。なお、前回とおなじくボウガンの睡眠弾(何体かは弓の睡眠ビン)を使用し、眠り状態にしたモンスターを撮影しています。

■アプトノス

古代樹の森に生息する、『モンスターハンター』シリーズおなじみの草食種であるアプトノス。ゲームを初めて最初に出会うモンスターでもあり、冒頭のイベントでドスジャグラスに丸飲みされるという衝撃シーンと合わせてハンターの印象に残るモンスターです。その寝顔はちょっぴり間の抜けたビジュアルで、口をぽかーんと開け閉めしており、いつまでも見ていられる愛らしさがあります。短い四脚もキュートさをよりアピールしていますね。

■アプケロス

草食種の中でも攻撃的な性格をしているのが、大蟻塚の荒地に生息しているアプケロスです。アプトノスと同様、こちらもずばり「寝ています!」と言わんばかりの寝顔を披露していますね。背中が硬い甲羅状になっているため、一度寝っ転がると起き上がるのが少し大変そうですが、四脚を使って器用に立ち上がります。

■ケストドン オス・メス

同じ個体で性別の概念があるモンスターがケストドンです。大体オスが2体、メスが3体で行動しており、ハンターを発見した際にはまずオスがタックルを仕掛けてきます。寝顔にはあまり違いがなく、体を丸めて寝る姿は赤ちゃんのようでかわいらしいですね。余談ですが、筆者は大型モンスターとの交戦時に体当たりを喰らい、何度もモーションがキャンセルされた苦い思い出があるので、見かけた際は真っ先に狩ります。

あわせて読みたい

気になるキーワード

インサイドの記事をもっと見る 2018年2月15日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ポケットモンスター」のニュース

次に読みたい関連記事「ポケットモンスター」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「妖怪ウォッチ」のニュース

次に読みたい関連記事「妖怪ウォッチ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ゼルダの伝説」のニュース

次に読みたい関連記事「ゼルダの伝説」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。