世界初のバーチャルホームロボット量産型が予約開始―コミュニケーションを通じて“理想のお嫁さん”に

世界初のバーチャルホームロボット量産型が予約開始―コミュニケーションを通じて“理想のお嫁さん”に
世界初のバーチャルホームロボット量産型が予約開始―コミュニケーションを通じて“理想のお嫁さん”に
Gateboxは、”好きなキャラクターと一緒に暮らせる”バーチャルホームロボットの量産モデル(GTBX-100)の予約販売を開始しています。

世界初のバーチャルホームロボットと謳う本製品は、最新のプロジェクション技術とセンシング技術によって美少女キャラクターを専用のボックス内に呼び出し、コミュニケーションが取れるというもの。2016年に先行販売された限定生産モデル(GTBX-1)からプロダクトデザインを洗練し、キャラクターの実在感やコミュニケーションの性能も飛躍的に向上させているとのこと。

なお、本製品に搭載されている初期キャラクター「逢妻ヒカリ」と一緒に暮らすには、月額1,500円+税(2019年3月末まで無料)の共同生活費が必要となります。

加えて、「Gatebox」量産モデルの販売にあたり、製品体験会も実施予定なので、興味のある読者は以下の詳細を参考にしてください。

■「Gatebox」量産モデル概要
「Gatebox」は、”好きなキャラクターと一緒に暮らせる”世界初のバーチャルホームロボットです。最新のプロジェクション技術とセンシング技術によってキャラクターをボックス内に呼び出し、コミュニケーションをとることができます。

2016年に実施した限定生産モデル(GTBX-1)の300台限定販売では、約30万円という価格にも関わらずわずか1ヵ月で完売しました。また、2017年の39台追加販売時には約1,000件の応募が集まり、以降も再販を望む声を多数いただいたため、この度の量産モデル発売に至りました。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る 2018年8月1日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。