10年の全てを熟成させた『Devil May Cry 5』は「カッコいい」ありき―クリエイター陣が語る「ファンのために作られたDMC」とは

10年の全てを熟成させた『Devil May Cry 5』は「カッコいい」ありき―クリエイター陣が語る「ファンのために作られたDMC」とは
10年の全てを熟成させた『Devil May Cry 5』は「カッコいい」ありき―クリエイター陣が語る「ファンのために作られたDMC」とは
E3での初報から約4ヶ月経ち、gamescomで全世界同時発売(2019年3月8日)を発表、PAX Westでもプレイアブル出展を経た『Devil May Cry 5』。発売まで約半年を切った今作ですが、この度TGS2018開催に合わせ、ディレクター・伊津野英昭氏、プロデューサー・岡部眞輝氏、同じくプロデューサー・マシュー・ウォーカー氏の三名にインタビューを行いました。ダンテのプレイアブルについてはもちろんのこと、『DMC』ファンが気になる質問もいくつかお聞きしましたので、その様子を御覧ください。

左からマシュー ウォーカー氏、伊津野英昭氏、岡部眞輝氏
――gamescomでは全世界同時発売(2019年3月8日)が発表されプレイアブルもありましたね。ユーザーからの反響はいかがでしたでしょうか?

マシュー・ウォーカー氏(以下、ウォーカー):元々伊津野さんが「ファンのために」をテーマに作っていたとはいえ、思っていたよりポジティブな反応がたくさんあって正直驚いています。gamescomで初プレイアブル、その後はPAX Westでも遊んでいただきましたが、「楽しかったよ!」と皆さん言ってくれて。体験者の年齢層も幅広く、若い世代かつ初『DMC』といった方もいらっしゃいましたが、「買いたい!」と言ってくれたのが本当に嬉しかったですね。

岡部眞輝氏(以下、岡部):今回の体験版は凄く出来が良くて。最後に出てくる「ゴリアテ」というボスを体力がギリギリの状態になりつつも倒すという場面を見かけることが多かったんですよね。それらを乗り越えた方って、満足げな良い笑顔を見せてくれるんですよ。それを見たときに良かったなって思いました。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る 2018年9月23日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。