『EARTH DEFENSE FORCE: IR』手応えのある操作感、没入度の高いグラフィック、処理落ちなしの巨大生物─全ての体験が刺激的だったプレイレポ【TGS2018】

『EARTH DEFENSE FORCE: IR』手応えのある操作感、没入度の高いグラフィック、処理落ちなしの巨大生物─全ての体験が刺激的だったプレイレポ【TGS2018】
『EARTH DEFENSE FORCE: IR』手応えのある操作感、没入度の高いグラフィック、処理落ちなしの巨大生物─全ての体験が刺激的だったプレイレポ【TGS2018】
幕張メッセにて、9月20日から23日にかけて開催している「東京ゲームショウ2018」。今年も数多くのブース出展で賑わっており、一般公開日初日には数多くの来場者が魅力溢れる作品の新情報や試遊プレイを満喫しました。

ディースリー・パブリッシャーブースでは、PS4ソフト『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』(以下、EDF: IR)の試遊出展を実施。同社の人気シリーズのひとつ『地球防衛軍』と近しいモチーフを扱いながらも、一線を画した世界観を描く『EARTH DEFENSE FORCE』の新たな展開として登場する本作は、前作発売から9年の月日を経てのリリースとなります。

本作では、戦闘用強化外骨格「PAギア」を装着し、戦場を駆けめぐる歩兵部隊のひとりとなって激戦に立ち向かいます。このPAギアに様々な種類があり、最もベーシックな「トルーパー」、飛行可能な「ジェットリフター」、大出力を活かした工攻防に長ける「ヘビーストライカー」などが用意されています。

また、物語に深く関わりそうな設定などもいくつか公開済み。例えば、レジスタンス組織「カインドレッド・レべリオン」は、巨大生物と戦う一方でEDFとも敵対しています。しかもこの組織は、元EDFの精鋭部隊である「フレア大隊」の生き残りで編成されているとのこと。この存在が、物語上でどのような展開を見せるのか。早くも気になるところです。

そんな本作の発売は、2019年を予定。じっくりと遊べる機会はまだ少し先となりますが、先ほど述べた通り「東京ゲームショウ2018」では試遊プレイが可能で、本作の魅力の一端にいち早く触れることができます。筆者も早速プレイしてきたので、その内容をこちらでレポートさせていただきます。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る 2018年9月23日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。