『ぷよぷよeスポーツ』新たな切り口でファン拡大を目指す国民的パズルアクションの真意とは【TGS2018】

『ぷよぷよeスポーツ』新たな切り口でファン拡大を目指す国民的パズルアクションの真意とは【TGS2018】
『ぷよぷよeスポーツ』新たな切り口でファン拡大を目指す国民的パズルアクションの真意とは【TGS2018】
2018年10月25日の発売が発表されたPS4/ニンテンドースイッチぷよぷよeスポーツ』。本作はその名の通り、昨今大きな盛り上がりを見せているeスポーツにフィーチャーしたタイトルとなっています。

1991年にシリーズ初作品が登場してから約27年の歴史を持つ『ぷよぷよ』が、なぜこのタイミングでeスポーツに舵を切ったのか。その真意を伺うべくセガゲームスのeスポーツ推進室長 宮崎浩幸氏と同シリーズのプロデューサー 細山田水紀氏にインタビューを実施しました。

─宜しくお願いします。まず始めに、『ぷよぷよeスポーツ』発売の経緯を教えてください

宮崎氏:
「eスポーツ」という言葉は前々から存在していましたが、今年2月に日本eスポーツ連合(JeSU)が出来てから、国内の関心がグッと高まったと感じています。セガとしてもこの分野にチャレンジしようと考えた際、「参加人数が多い」「シリーズに歴史がある」「暴力表現が無い」「幅広い年代がプレイできる」「基本ルールがシンプル」といった理由で、『ぷよぷよ』が
もっとも自然なのではと考え、こういった取り組みが始まりました。

まず最初は、プロになりたいと思う層や試合を見て楽しみたい層など、ユーザーの拡大を目指しました。定期的に大会を開催したり、生放送を行ったり、ホームページを作ってコミュニティを広げたりといった整備を進めていったんです。

そのような環境の中で、主に使われていたタイトルが『ぷよぷよテトリス』でした。このタイトルには様々なルールが収録されており、商品としては非常に良いと思っているんですが、今からeスポーツとして『ぷよぷよ』を始める人には、ある程度ルールを絞ったほうが良いのではという声があがりまして。そういった経緯で、ルールを2つに厳選した『ぷよぷよeスポーツ』が誕生しました。

あわせて読みたい

気になるキーワード

インサイドの記事をもっと見る 2018年9月23日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「妖怪ウォッチ」のニュース

次に読みたい関連記事「妖怪ウォッチ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「白猫プロジェクト」のニュース

次に読みたい関連記事「白猫プロジェクト」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「どうぶつの森」のニュース

次に読みたい関連記事「どうぶつの森」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。