プレイヤー同士で輪を作って”コネクトリンク”してほしい―― 『リンクスリングス』プロデューサーとディレクターが思い描くゲームを通して築きたいコミュニティの姿とは

プレイヤー同士で輪を作って”コネクトリンク”してほしい―― 『リンクスリングス』プロデューサーとディレクターが思い描くゲームを通して築きたいコミュニティの姿とは
プレイヤー同士で輪を作って”コネクトリンク”してほしい―― 『リンクスリングス』プロデューサーとディレクターが思い描くゲームを通して築きたいコミュニティの姿とは
9月20日から23日にかけて開催された東京ゲームショウ 2018のサイバーエージェントグループブースで発表された、株式会社サムザップによるスマートフォン用対戦陣取りゲーム『リンクスリングス』。発表と同時にプレイアブル出展しての手ごたえは? スタッフがこのゲームで目指すものとは? パブリックデイ初日となる22日に実施した、石原直樹プロデューサー(写真左)と飯田隼一ディレクター(写真右)へのインタビューをお届けします。ゲームの概要については、TGS2018でのステージイベントレポートも併せてご覧ください。

――メディア向けには前もって先行体験会が催されていた『リンクスリングス』ですが、ついに発表となりました。

石原それなりに長く開発してきましたので、ようやくお披露目することができてほっと一安心しています。ここがスタートラインにすぎないというのは承知していますので、より一層、気持ちを引き締めていきたいと思います。

飯田自分たちとしては面白いゲームを作れているはずとは思っていたのですが、やはり、いざみなさんにお見せするとなると期待と不安が半々でした。僕らが望んでいた反応をいただけて、間違っていなかったんだなと。

――パブリックデイでのプレイアブル出展を見てどう感じられましたか?

飯田試遊では2試合遊べるようになっていたのですが、一戦目はまず走り回って陣取りの楽しさを分かっていただいて、二戦目はコネクトリンク(編注:走って囲んだ内側がまるごと自チームのエリアになるシステム)してみたり、相手に攻撃してみたりと思い思いの動きをされていて、想定通りのプレイをしていただけていると感じました。一方で、うまく情報をお伝えできていないインターフェースが一部にあることも見えてきましたので、正式リリースまでにしっかり修正していこうと思います。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る 2018年9月27日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。