『モンハン:ワールド』世界大会を終えた各国の選手に色々聞いてみた―辻本P&徳田D総括も

『モンハン:ワールド』世界大会を終えた各国の選手に色々聞いてみた―辻本P&徳田D総括も
『モンハン:ワールド』世界大会を終えた各国の選手に色々聞いてみた―辻本P&徳田D総括も
TGS2018期間中に行われた「『モンスターハンター:ワールド』DREAM MATCH in TGS 2018」。エキシビジョンながら『モンハン』では初めてとなる世界各国のチームを巻き込んだタイムアタック大会です。各国のチームそれぞれが編み出した個性的な戦術に、当日はかなりの盛り上がりを見せました。

その大会終了後、出場選手及び辻本良三プロデューサー・徳田優也ディレクターへのインタビューを行いましたので、その模様をお届け。各国での『モンハン』の盛り上がりや大会の感想などを伺いました

◆5位・香港チーム「麻郁達拿曲&#x55F2&#x54AA羅(迷ったら食ってみろ)」
ゼロビッシュ選手(左)、ロウェル選手(右)

――かわいいTシャツですね。手作りですか?

ゼロビッシュ選手:手作りです。友達が作ってくれました。香港大会のときは別のバージョンがありました。これはそのカワイイバージョンですね。

――香港でもタイムアタック大会などははやっているのですか?

ゼロビッシュ選手:あんまりやってる人はいないですね。YouTubeとかの動画サイトでも香港の方はあまりいないです。ゲームをやる人は多いんですけど、プロとしてオンラインとしてみせるとかそいう人はいないです。

――『モンスターハンター』プレイ歴は長いんですか?

ゼロビッシュ選手:小学生からですね。『モンスターハンターポータブル 2nd』からです。

ロウェル選手:僕は『2ndG』の頃から始めました。当時はただ楽しむ程度でそこまで一生懸命ではなかったです。ただ『3G』や『4G』になってくると周りにプレイヤーが増えてきて、いわゆるひとつの枠が出来た感じで。お互いが友だちになって皆さんと一生懸命やるようになりました。

あわせて読みたい

気になるキーワード

インサイドの記事をもっと見る 2018年9月30日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「サクラ大戦」のニュース

次に読みたい関連記事「サクラ大戦」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ドラゴンクエスト」のニュース

次に読みたい関連記事「ドラゴンクエスト」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ポケットモンスター」のニュース

次に読みたい関連記事「ポケットモンスター」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。