4月~9月のスイッチ販売台数は昨年超え、ミリオンタイトルも続出─オンラインサービス、スマホアプリも好調な任天堂

4月~9月のスイッチ販売台数は昨年超え、ミリオンタイトルも続出─オンラインサービス、スマホアプリも好調な任天堂
4月~9月のスイッチ販売台数は昨年超え、ミリオンタイトルも続出─オンラインサービス、スマホアプリも好調な任天堂
任天堂の2019年3月期 第2四半期決算が10月30日に発表され、売上高や営業利益が好調に推移していることが判明しましたが、このたび更なる資料が公開されました。

この第2四半期(平成30年4月~9月)だけで、ニンテンドースイッチの販売台数は507万台を記録し、スイッチが販売された前年同期と比べて3.7%増に。また、発売された新作ソフトも、『ドンキーコング トロピカルフリーズ』が167万本、『マリオテニス エース』が216万本と、こちらも好調な出足を見せています。

そしてこのたび開示された資料では、発売3週間で出荷・ダウンロード販売本数が100万本に達した『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)』が、セルスルーでも100万本以上に到達したことが判明。また、10月5日に発売されたばかりの『スーパー マリオパーティ』のセルスルーは、全世界で150万本を突破しており、ハード・ソフトともに良好な流れが生まれているようです。

ニンテンドースイッチに注目しているメーカーも数多く、ソフトをリリースしている企業は500社超え。また、ニンテンドーeショップで購入できるタイトル数は、全世界合計で1300タイトル以上とのこと。

また、先月9月に有料サービス「Nintendo Switch Online」がスタートしましたが、本サービスの利用券を購入されたユーザーの半数以上が、ファミリープランを含めた12ヶ月のプランを選択。価格面でお得というメリットがあるため、長期的な活用を視野に入れたユーザーが多かった模様です。

あわせて読みたい

気になるキーワード

インサイドの記事をもっと見る 2018年10月31日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュース

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュース

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。