“東京”への想いを、VR空間に生み出す─中高生が取り組むワークショップ「MEMOREUM TOKYO」に密着【レポート】

“東京”への想いを、VR空間に生み出す─中高生が取り組むワークショップ「MEMOREUM TOKYO」に密着【レポート】
“東京”への想いを、VR空間に生み出す─中高生が取り組むワークショップ「MEMOREUM TOKYO」に密着【レポート】
マインクラフト』の影響でプログラムに興味を持った若年層も増え、また小・中・高校におけるプログラミング教育の必修化が決定、2020年から2022年までに順次実施するなど、デジタルを介した創造・表現の機会や手段が広まりつつある昨今。

11月3日・4日に渡って行われた「MEMOREUM TOKYO(メモリアム・トーキョー)」も、表現を形にするユニークな催しのひとつ。プログラミング教育を手がけるライフイズテックが、ソニー・インタラクティブエンタテインメントと共同で開催したこのワークショップは、中学生・高校生を対象とし、VR空間上で「自分だけの写真展」を作り上げる機会を参加者に提供しました。

今回のテーマは“東京”。参加者は事前に撮影した写真を元に、このワークショップのために開発されたソフトウェアを使いながら、自由な発想でデジタル空間に写真展の構築に臨みます。本ソフトはオブジェクトの設置をはじめ、自由度が高いという特徴があります。そのため、発想やアイディアを形にしやすく、中高生の柔軟な思考を作品に反映させるのにうってつけと言えます。

「MEMOREUM TOKYO」の募集枠は30名ほどでしたが、その枠数以上に関心を寄せる方が多く、応募総数は80人超え。当日は、中高生の男女33名がワークショップに参加し、それぞれが自分だけの写真展作りに挑みました。ちなみに、男女の割合はほぼ1:1。性別を問わず、このモノ作りに興味を持った模様です。また、中高生の割合で見ると、中学生の方がやや多めという形に。デジタル媒体によるモノ作りが、幅広い年齢層に広がっている実態を窺わせました。

あわせて読みたい

気になるキーワード

インサイドの記事をもっと見る 2018年11月6日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。