今、e-Sportsは富山がアツいーキーマンとなる堺谷陽平氏とCygames森慶太氏に聞く、地域振興としてのe-Sportsとは

今、e-Sportsは富山がアツいーキーマンとなる堺谷陽平氏とCygames森慶太氏に聞く、地域振興としてのe-Sportsとは
今、e-Sportsは富山がアツいーキーマンとなる堺谷陽平氏とCygames森慶太氏に聞く、地域振興としてのe-Sportsとは
富山県eスポーツ協会が主催するゲーム対戦会イベント「ToyamaGamersDay(以下「TGD」)」をご存じでしょうか。2016年12月に産声を上げたその大会は開催されるごとにコミュニティを広げていき、今では富山テレビ放送株式会社や株式会社北日本新聞社ら、メディアも巻き込んだ一大イベントとなっています。

同イベントでは第1回目の開催時から本格スマホカードバトル『Shadowverse(以下『シャドウバース』)』を競技タイトルとして採用し続けており、2018年9月9日に開催された「TGD18Summer」ではその『シャドウバース』が協賛として名を連ね、大会のサポートを行うに至りました。

そんな「TGD」はいかにして始まり、そして成功を収めたのか。そしてe-Sportsは地域振興の一助たりうるのか? 仕掛け人である富山県eスポーツ協会の会長・堺谷陽平氏(@yoheisakaidani)と、Cygamesで『シャドウバース』のプロダクトマネージャーを務める森慶太氏(@KeitaSMori)に話をうかがいました。

【聞き手:山﨑浩司】
【文・校正:蚩尤】

――森氏からは、堺谷氏が「TGD」を始めるまでの経緯がドラマチックだとうかがっています。まずはその経緯からお聞かせいただけますか。

堺谷僕は3~4年前までは東京にいました。そこから地元の富山に戻ってNPO団体の活動を引き継いだボランティア団体に所属し、竹林の伐採をして森を守っていました。週5回くらいのペースで。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る 2018年11月30日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。