「プレステ クラシック」は名作揃いだけど、俺が遊びたいのは“この20本”─筆者独断&厳選の「俺クラシック」はこれだ!【特集】

ちなみに、オリジナル版はセガサターンソフトですが、プレステ版ではアイテム管理が格段にやりやすくなり、やりこみ要素も増えているので、遊ぶならばこちらの方がオススメ。PS2版やWii版もありますが、主観から第三者視点になったり一部グラフィックが変更されたりと、プレイ感もかなり変わっています。「PS2クラシック」や「Wiiクラシック」が発売される際には加えて欲しいものですが、その時にはどんなタイトルが加わるのか。そちらも気になるところです。

ラストは恋愛・SLG系から! そして、あの幻の作品も遊んでみたい・・・

◆恋愛やシミュレーション系からはこちらの3本!
■『ネクストキング ~恋の千年王国~』

ゲームクリエイターとして知られている桝田省治氏は、プレステ時代にも様々な作品に携わっており、前述の『リンダキューブアゲイン』などの代表作を持っています。しかし、当時の作品から「真・俺クラシック」にピックアップするならば、筆者としては『ネクストキング ~恋の千年王国~』をイチオシします。

本作に登場する12人のヒロインは、一緒に冒険へ出かけるパートナーでもあり、次の王を決める投票権を持つ有権者でもあります。王の候補は、4人の王子。プレイヤーはその一人となり、ヒロインたちの好感度を上げながら、王座の獲得を目指します。

好きな子とのエンディングを目指すのはもちろんですが、王に選ばれるためには票の確保も重要。そのため本作では、数多くのヒロインと関係を深める“浮気プレイ”が許されています。いや、王位に就くには必須とも言えるので、むしろ推奨と言ってもいいのかも。「王になるためだから仕方ない」という大義名分のもと、ライバルを蹴落としながら、数多くのヒロインから愛を勝ち取る──それこそが本作の醍醐味なのです。

あわせて読みたい

気になるキーワード

インサイドの記事をもっと見る 2019年1月13日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「プレイステーション」のニュース

次に読みたい関連記事「プレイステーション」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。