島根県大田市で小中高生向けUnityワークショップ開催、笑顔の絶えない「ゲーム作り」の現場をレポート

島根県大田市で小中高生向けUnityワークショップ開催、笑顔の絶えない「ゲーム作り」の現場をレポート
島根県大田市で小中高生向けUnityワークショップ開催、笑顔の絶えない「ゲーム作り」の現場をレポート
1月6日、島根県大田市にある島根県立大田高等学校にて、NPO法人国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)は小中高生に向けに「デジタルからくり装置作りワークショップ」を開催しました。午前は高校生向けに、午後は小中学生向けに実施された本ワークショップの模様をお届けします。

このワークショップは、アプリゲームやコンシューマ機のゲームソフト開発に用いられるゲームエンジン「Unity」を使用し、参加者全員で一つのドミノだおしのようなからくり装置を作るというもの。子供たちにとって関心の高い「ゲーム」開発用のツールを使うことで、ITへの親しみや創作活動への関心を高めることを目的とし、これまでにも福島県郡山市、東京都調布市、京都府精華町、東京都文京区、山口県周南市、神奈川県逗子市、岡山県高梁市の全7地域で開催されてきました。

午前・午後の各回あわせて定員20名の枠に対し22名の応募があり、午前の回に参加した理由を高校生に聞いてみると「ゲームが好きでゲーム作りに興味があった」とのこと。2018年の「中高生が将来なりたい職業」ランキングのTOP10にゲームクリエイターがランクインするということもあり、ゲーム作りへの関心の高さが伺えました。

一方、午後の回は小学生向けであったため保護者も一緒に参加しており、参加の理由を伺ってみると「都内と違いこういった体験会は大田市ではあまり開催されておらず、将来の可能性の一つとして挑戦してほしかった」、「これからの社会ではパソコンやプログラミングのスキルが必要。作る側の面白さも知ってほしかった」とご両親からお子様へ参加を促すパターンも多いようでした。ワークショップを体験した小学生は「自分で工夫しながらドミノを配置するのが楽しかった」と満足していた様子。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る 2019年1月15日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。