『エースコンバット7』開発ダイアリーが公開!初期コンセプトのお題は「空のジャングルジムを作ってくれ」だった【UPDATE】

※UPDATE(2019/1/17 19:00):開発ダイアリー第2弾の動画が一度削除されたため、新たに公開されたバージョンへ変更しました。

バンダイナムコエンターテインメントは、PS4/Xbox One対応ソフトとして本日1月17日に発売された『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』に関して、開発ダイアリー動画を公開しました。

人気フライトシューティングゲーム『エースコンバット』シリーズにおいて、約12年ぶりのナンバリング最新作となる本作。開発ダイアリーでは、本作のテーマである「空の革新」について、初期コンセプトとして「空のジャングルジムを作ってくれ」というお題が河野一聡氏より挙げられていたことなどが紹介されています。

さらに、VRモードの開発について紹介した開発ダイアリー第2弾も公開。コックピットの内側がVR用に作り直されていることや、「実際の戦争を体験したらこういうふうな感じなんだ」というのを感じてもらうために、間近に迫ってくるような迫力満点のイベントを“敢えてかなり入れている“ことなどを明らかにしています。

『エースコンバット7』は、本日2019年1月17日発売。希望小売価格は、通常版が7,600円+税、デラックスエディション版が10,100円+税、初回限定生産版コレクターズエディション版(PS4のみ)が12,400円+税です。

なお、2019年2月1日にはPC版もSteamにて発売予定です。

あわせて読みたい

気になるキーワード

インサイドの記事をもっと見る 2019年1月17日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「プレイステーション」のニュース

次に読みたい関連記事「プレイステーション」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。