「私はゲームに救われました」―地方にゲーム企業を設立する意味が、SHIFT PLUSへの取材から見えてきた

「私はゲームに救われました」―地方にゲーム企業を設立する意味が、SHIFT PLUSへの取材から見えてきた
「私はゲームに救われました」―地方にゲーム企業を設立する意味が、SHIFT PLUSへの取材から見えてきた
読者の皆さんは高知県といえば何を思い浮かべますか?

坂本龍馬?それともカツオのたたき?酒豪が多いイメージ?

……という冗談はさておき、高知県では3年ほど前からIT・コンテンツに関連する企業の誘致に注力。その努力の甲斐もあり、2018年12月までに同県に18社が進出しています。その内のオルトプラス高知、アボカド、SHIFT PLUSはゲーム事業をメインにすえる企業で、インサイドでは過去にSHIFT PLUSを除く2社にインタビューを実施していました。

この3社の中で最も早く高知県に拠点を構えたのが、SHIFT PLUS。同社はスマートフォン向けアプリゲームのQA(品質保証)/CS(カスタマーサポート)のサービスなどをワンストップで提供しており、業界未経験者や海外からも積極的に人材を採用、2015年4月の設立から3年ほどで従業員数が130名までに拡大。その他の地域より10年高齢化が進んでいると言われる課題先進地高知県で、ゲームの仕事で若者の雇用を創出しており、まさしく同県の活性化に貢献している企業と言えるでしょう。

今回インタビューに答えてくれたSHIFT PLUSの代表である松島弘敏氏は、SHIFT PLUSの大株主であり生みの親の一社であるSHIFTに新卒で入社し営業や採用を10ヶ月ほど担当。そんな折にもう一社の生みの親であるオルトプラスとSHIFTの合弁で高知に会社を設立することになり、その代表を募集する社内公募に自ら手を挙げたことを機に高知県に移住、経営を手がけることになったのです。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る 2019年1月17日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。