『DEAD OR ALIVE 6』DOAクエストからメガネの挙動まで―新堀P兼Dに気になることを直撃!

いよいよ発売日直前となりました、「激闘エンターテインメント」を掲げるシリーズ最新作、『DEAD OR ALIVE 6(以下、DOA6)』。バトルシステムに新たな要素を追加していき、シリーズの歴史に新たな1ページを記すことになる今作は、格闘ゲーマーはもちろんのこと、多くのゲーマーにとっても気になる作品になっていると思います。

この度、今作のプロデューサー兼ディレクターの新堀洋平氏にインタビューを実施。今作に関して気になる部分や嬉しいエピソードも飛び出したインタビューの模様をお届けしていきます!

――本日はよろしくお願い致します。

新堀洋平氏 (以下、新堀氏): よろしくお願い致します。私は『DOA6』のプロデューサーとディレクターを兼任しておりまして、企画の立ち上げから目標の決定、予算に関するお話から、ゲームのコンセプト・ゲームモードの構想をスタッフに広げていったり、できあがったものをチェックしていく立場になります。

――先日『DOA6』オンラインベータを遊ばせて頂き、今作における対戦の駆け引き、奥深さを対人戦で味わうことができました。
今回は残念ながら延期という形になりましたが、差し支えない範囲で構いませんので、クオリティアップのためにどのような部分に注力したのかお聞かせいただいてもよろしいでしょうか?

新堀氏:延期の一番の理由は不具合の修正になりますね。その修正の間に新たに追加できたこともありまして、大きなところとしてはランクマッチの連戦機能を追加した点です。またキャラクターについての表現周りもよりやわらかく、より自由なカメラワークにブラッシュアップできましたね。今回の延期に関してお客様の間では「表現に関して制限がかかったのではないか?」という噂があったそうですが、ご安心ください。むしろ広がっております。

この記事の画像

「『DEAD OR ALIVE 6』DOAクエストからメガネの挙動まで―新堀P兼Dに気になることを直撃!」の画像1 「『DEAD OR ALIVE 6』DOAクエストからメガネの挙動まで―新堀P兼Dに気になることを直撃!」の画像2 「『DEAD OR ALIVE 6』DOAクエストからメガネの挙動まで―新堀P兼Dに気になることを直撃!」の画像3 「『DEAD OR ALIVE 6』DOAクエストからメガネの挙動まで―新堀P兼Dに気になることを直撃!」の画像4
「『DEAD OR ALIVE 6』DOAクエストからメガネの挙動まで―新堀P兼Dに気になることを直撃!」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ゲームニュースランキング

ゲームランキングをもっと見る
お買いものリンク