任天堂の“空間へのアプローチ”を振り返りながら『Nintendo Labo VR Kit』をプレイしてみた─これは「手が届くVR体験」

任天堂の“空間へのアプローチ”を振り返りながら『Nintendo Labo VR Kit』をプレイしてみた─これは「手が届くVR体験」
任天堂の“空間へのアプローチ”を振り返りながら『Nintendo Labo VR Kit』をプレイしてみた─これは「手が届くVR体験」
「作る・遊ぶ・分かる」をテーマとする『Nintendo Labo』シリーズに、先日新たなタイトルが登場。最新作となるシリーズ第四弾は「VR」を切り口としており、この『Nintendo Labo Toy-Con 04: VR Kit』には、発売前から多くの注目が集まりました。

VRの展開は専用施設だけに留まらず、家庭用ゲーム機やパソコン向けにも広がりを見せています。特に「PS VR」は、既にPS4本体を持っていれば、他のVR機器と比べて手軽な価格でVRの世界を楽しむことが可能。また本格的なVR体験を望む方は、ハイスペックなパソコンとVR機器を揃え、グレードの高い体験を味わっています。

これまでVR方面に関して、任天堂が直接的に大きな動きを見せることはあまりなく、VRの進化を待っているようにも見受けられました。ですが、VRを“空間へのアプローチのひとつ”として考えると、話は少し変わってきます。任天堂は、ユーザーとゲームが結びつく空間に対する試みを、長年に渡って行ってきました。その延長上にVRがあるとすれば、『Nintendo Labo Toy-Con 04: VR Kit』の発売も何ら不思議なところはありません。

ニンテンドースイッチ向けとしては、任天堂初のVR展開となる『Nintendo Labo Toy-Con 04: VR Kit』。これは、多岐に渡って続けてきた“空間へのアプローチ”の更なる一歩でもあると、個人的に感じました。今回は、任天堂がこれまで行ってきた“空間へのアプローチ”を振り返りつつ、『VR Kit』が持つ魅力に迫ってみたいと思います。

あわせて読みたい

気になるキーワード

インサイドの記事をもっと見る 2019年4月17日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュース

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュース

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。