『デビル メイ クライ5』誕生の経緯にゲーム業界への道を学ぶ―ヒューマンアカデミーにて行われたセミナーをレポート

『デビル メイ クライ5』誕生の経緯にゲーム業界への道を学ぶ―ヒューマンアカデミーにて行われたセミナーをレポート
『デビル メイ クライ5』誕生の経緯にゲーム業界への道を学ぶ―ヒューマンアカデミーにて行われたセミナーをレポート
3月24日、総合学園ヒューマンアカデミー横浜校でゲーム業界を志す人に向けたセミナー「デビル メイ クライ5(以下『DMC5』)開発ログ」が開催。『DMC5』でプロデューサーを務めた株式会社カプコンの岡部眞輝氏、マシュー・ウォーカー氏、そしてディレクターを務めた伊津野英昭氏が登壇し、クリエイターになるまでの経緯や『DMC5』開発の約3年半を振り返るトークを行いました。

◆『DMC5』を生み出した伊津野氏とウォーカー氏の経歴
2019年3月8日にPS4/Xbox One/PCで発売された『DMC5』は、『デビル メイ クライ』シリーズの最新作。海外へのロケハンや、実在のモデルや俳優を起用したフォトリアルな絵作りがそれまでのシリーズと一線を画する雰囲気でありながら、「スタイリッシュアクション」と謳われたアクションの作り込みや楽しさはシリーズの魅力そのままで、ユーザーから高く評価されています。開発規模はカプコン社内で150~200名程度、外部の協力会社が200名ほどで、総勢400名規模のスタッフで制作されたそうです。

写真左からマシュー・ウォーカー氏、伊津野英昭氏、岡部眞輝氏
セミナーの最初のテーマは、伊津野氏とウォーカー氏がゲーム業界に入るまでの話。「(アメリカ人だから)自分の経緯はみなさんの参考にならないかもしれませんが」と笑いつつ、口火を切ったのはウォーカー氏です。同氏は幼少時から日本のゲームが大好きで、「将来は日本のゲームメーカーで働きたい、日本の開発者たちの力になりたい!」と思っていたそう。その左腕にはタトゥーがほられていますが、よく見ると、なんと日本の某有名タイトルをモチーフとした絵柄なのだから驚きです。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「カプコン + 株価」のおすすめ記事

「カプコン + 株価」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「KONAMI」のニュース

次に読みたい関連記事「KONAMI」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スパイク・チュンソフト」のニュース

次に読みたい関連記事「スパイク・チュンソフト」のニュースをもっと見る

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年4月19日のゲーム記事

キーワード一覧

  1. カプコン 株価

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。