『アナザーエデン』ドラマCMはいかにして生まれたのか?WFSと共同制作した短編実写ドラマの制作の裏側を仕掛け人「CyberZ」に聞く

『アナザーエデン』ドラマCMはいかにして生まれたのか?WFSと共同制作した短編実写ドラマの制作の裏側を仕掛け人「CyberZ」に聞く
『アナザーエデン』ドラマCMはいかにして生まれたのか?WFSと共同制作した短編実写ドラマの制作の裏側を仕掛け人「CyberZ」に聞く
2019年4月12日、グリー株式会社は、同社のゲーム事業専門ブランド・WFSが提供しているスマートフォンゲーム『アナザーエデン 時空を超える猫』のドラマCMをWeb限定で配信しました。俳優の福原遥さんと稲葉友さんが演じる兄妹を中心に、現代日本を舞台としたドラマが30秒×7本で描かれています。いわゆる"中世風ファンタジー"である本作を広告展開するにあたって、どのような狙いでこのような実写ドラマCMとなったのか? WFSと共同でドラマCMの制作に携わったスマートフォン向け広告代理店 CyberZのクリエイティブディレクター・吉本圭氏とクリエイティブ局責任者の佐藤大雅氏に話をうかがいました。

※本インタビューには『アナザーエデン 時空を超える猫』の物語のネタバレが含まれます。未プレイの方はご注意ください。

――まずは、ドラマCMの撮影に至った経緯を教えてください。

佐藤私たちは『アナザーエデン』のリリース当初からずっとプロモーションをお手伝いさせていただいているのですが、配信開始から2年が経ち、顕在層の方たちに向けては、網羅的にリーチできたのかなという感覚がありました。そこで、ユーザー層をさらに広げるために、何か新しい広告展開をしてもらえないか、というお話をWFSにいただいたのがきっかけです。

吉本まだ『アナザーエデン』を知らない方たちへ訴求するにあたり、本作の一番の魅力は何だろうとあらためて考えた結果、やはり加藤正人さんの壮大な物語だろうという結論になりました。プレイしていると、いたるところに謎や伏線が散りばめられていたり、いい意味での裏切りがあったりしますよね。そのストーリー性、ドラマ性をあらためて打ち出すのが一番よいだろうと。

あわせて読みたい

気になるキーワード

インサイドの記事をもっと見る 2019年6月11日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。