『俺の屍を越えてゆけ』本日6月17日で20周年! 命の積み重ねで歴史を作る“一族育成RPG”は唯一無二の魅力を纏う─読者の思い出も熱量全開

『俺の屍を越えてゆけ』本日6月17日で20周年! 命の積み重ねで歴史を作る“一族育成RPG”は唯一無二の魅力を纏う─読者の思い出も熱量全開
『俺の屍を越えてゆけ』本日6月17日で20周年! 命の積み重ねで歴史を作る“一族育成RPG”は唯一無二の魅力を纏う─読者の思い出も熱量全開
『ウルティマ』や『ウィザードリィ』、そして『ドラクエ』や『ファイナルファンタジー』などの作品が続々と家庭用ゲーム機に登場し、RPGブームが訪れました。この勢いはハードの進化と共に広がりを見せ、プレイステーションでも様々な作品が飛び出します。

そして、プレステ時代のRPGとして、プレイしたユーザーの記憶に色濃く残っている作品のひとつが、1999年に発売された『俺の屍を越えてゆけ』です。『天外魔境II 卍MARU』や『リンダキューブ』、『ネクストキング 恋の千年王国』などの代表作を持つ桝田省治氏が手がけた本作は、非常に個性的な切り口や、意外な展開で魅了する物語など、多彩な特徴でロングランヒットを記録。今も、多くのユーザーが語り継いでいる名作です。

そんな『俺の屍を越えてゆけ』が、本日6月17日で20周年を迎えました。このアニバーサリーを記念し、類い希な個性を持つ本作の魅力などを振り返ってみたいと思います。

◆超えるのは屍、積み重ねるのは歩み、遺すのは希望──遊んだプレイヤーの数だけ歴史が生まれる『俺の屍を越えてゆけ』

『俺の屍を越えてゆけ』は、まずこのタイトルが非常に特徴的ですが、ゲームの本質を見事に言い当てており、作中はタイトル通りの場面に幾度も遭遇します。RPGの主人公と言えば、ほとんどの作品が特定個人を指しますが、本作の主軸は“一族”。彼らの戦いと別れの歴史を、プレイヤーが紡ぐ形となります。

あわせて読みたい

気になるキーワード

インサイドの記事をもっと見る 2019年6月17日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら