『鬼ノ哭ク邦』対を成す二つの世界を活かしたゲームシステムが公開―生者と死者の世を駆け抜けろ!

『鬼ノ哭ク邦』対を成す二つの世界を活かしたゲームシステムが公開―生者と死者の世を駆け抜けろ!
『鬼ノ哭ク邦』対を成す二つの世界を活かしたゲームシステムが公開―生者と死者の世を駆け抜けろ!
スクウェア・エニックスは、8月22日発売予定のニンテンドースイッチ/PS4/Steam向け新作ソフト『鬼ノ哭ク邦』に関して、ゲーム最新情報を公開しました。

本作は、ジョブにあたる「鬼ビ人(オニビト)」をリアルタイムで切り替えながら行う、爽快かつ戦略的なバトルが特徴のアクションRPGです。プレイヤーは、生者の世界と死者の世界を行き来し「迷イ人」を救済する「逝ク人守リ」となり、この邦を巡る数奇な"命"の物語を体験することとなります。

今回は、物語の詳細や新キャラクター、対を成す二つの世界「生者の世界=現シ世」「死者の世界=幽リ世」の詳細などが紹介されています。

◆ものがたり
輪廻転生によって命が繁栄した世界。人々は授かりし命を謳い、来世への祈りを捧げた。死に対する悲しみは、生者を縛り、死者をためらわせる。すなわち、死を悲しむことは、輪廻転生を妨げる禁忌に他ならない。だから人々は、その悲しみを笑顔に変えて、死者を送る。

しかし、涙を忘れようとした人の心にも、救いが必要だった。そうして生まれたひとつの役割――人は彼らを、逝ク人守リ(いくともり)と呼んだ。

彷徨える死者の魂「迷イ人(まよいと)」を救済する、いわば、生者と死者、この世とあの世の調停者の役割を担う存在。逝ク人守リは、迷イ人の未練を断ち、来世へと送る者。生者と死者の想いに触れ、命を尊ぶ者。これは、ひとりの逝ク人守リ、 その命の物語――。

あわせて読みたい

気になるキーワード

インサイドの記事をもっと見る 2019年6月21日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「カプコン」のニュース

次に読みたい関連記事「カプコン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「KONAMI」のニュース

次に読みたい関連記事「KONAMI」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。