コロプラ、セールスランキングの不正操作を目的に『最果てのバベル』への課金を依頼─従業員2名が関与

コロプラ、セールスランキングの不正操作を目的に『最果てのバベル』への課金を依頼─従業員2名が関与
コロプラ、セールスランキングの不正操作を目的に『最果てのバベル』への課金を依頼─従業員2名が関与
コロプラは、iOS/Androidアプリ『最果てのバベル』のセールスランキング操作を目的とした依頼を同社従業員が取引先に行い、その課金が実施された疑いがあると公表しました。

『最果てのバベル』は、2019年6月12日にサービスが開始されたばかり。シナリオに野島一成氏を起用し、サウンドは崎元 仁氏が担当。実績豊かなクリエイター陣がどのような作品を生み出すのかと、高い関心が集まっていたタイトルです。

本件についてはまだ調査中としながらも、同社は現時点で判明している事項と今後の対応を発表。『最果てのバベル』セールスランキングの不正操作に関わった同社の従業員は、役職者を含めた計2名で、同社の費用850万円を用いてセールスランキングの操作を依頼。そして、2019年6月13日に、取引先が依頼の課金を実施した疑いが判明したとのことです。

現時点の調査では、同様の取引が過去に行われた形跡は見つかっていないものの、事態を重く受け止めた同社は、取締役会にて第三者を含めた調査委員会を立ち上げ、厳正かつ徹底した調査を実施する予定とコメント。また、当該従業員に対して厳正なる処分を実施する方針と述べました。

業績への影響については、「現時点では軽微」としながらも、調査委員会による調査結果を踏まえた上で、確定後に改めて開示する旨を明かしています。

■当社従業員による不適切な取引について(pdf)
https://ssl4.eir-parts.net/doc/3668/tdnet/1723409/00.pdf

あわせて読みたい

気になるキーワード

インサイドの記事をもっと見る 2019年6月21日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ドワンゴ」のニュース

次に読みたい関連記事「ドワンゴ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スクウェア・エニックス」のニュース

次に読みたい関連記事「スクウェア・エニックス」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。