フジゲームス新作『アルカ・ラスト』7月30日の配信に先駆けプレイ!家庭用RPGのような重厚感のある世界、そして複雑な人間関係が魅力の群像劇

フジゲームス新作『アルカ・ラスト』7月30日の配信に先駆けプレイ!家庭用RPGのような重厚感のある世界、そして複雑な人間関係が魅力の群像劇
フジゲームス新作『アルカ・ラスト』7月30日の配信に先駆けプレイ!家庭用RPGのような重厚感のある世界、そして複雑な人間関係が魅力の群像劇
フジゲームスがおくる iOS/Andorid 向け新作RPG『アルカ・ラスト 終わる世界と歌姫の果実』。本作の舞台は、終わりを迎えようとしている異なる設定からなる7つの世界。主人公たちは世界を正しく終わらせ、新たな世界を生むために舞い降りた「破壊者」となり、様々な活躍を見せてくれます。今回は、7月30日の配信に先駆けてプレイレポートをお届けします。

本作で描かれる物語の舞台は、大きく7つの世界に分かれています。帝国による権力で抑圧された世界を描く「黄昏編」、闇に閉ざされ2つの神を信じるもの同士が争う世界「漆黒編」、すべてが凍てつく過酷な氷原の世界「凍土編」、天と地に太陽を持つ熱砂の吹き荒れる世界「灼熱編」、かつて黄金郷と呼ばれ栄えていたものの凋落した世界「東方編」、汚染された煙が広がり地上で生活できなくなった世界「降灰編」、未来予測防衛システムによって危険への対処や防衛を行っている世界「輪廻編」。

ゲームは「黄昏編」からスタートしますが、貴族たちによる政治の腐敗が進み、帝国による「人間狩り」も激しさを増しているという序盤からハードな世界観にぐっと引き込まれます。黄昏編に限らず、7つの世界はそれぞれが異なる問題を抱えているので、世界ごとにひとつの大作RPGのような重厚感のある舞台を形成しているのが特徴です。また互いに干渉し合うことで物語が複雑になっているため、キャラクター同士の関わり方も濃密に描かれそうですね。なかでも筆者は、ファンタジックな世界観とは一線を画した近未来的な雰囲気のある「降灰編」に期待をしています。

あわせて読みたい

気になるキーワード

インサイドの記事をもっと見る 2019年7月26日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら