現代+アニメ風+爽快ACT+女子高生な『Dusk Diver 酉閃町』を遊んでみたら、異国情緒と爽快ACTの虜になる・・・【TGS2019】

現代+アニメ風+爽快ACT+女子高生な『Dusk Diver 酉閃町』を遊んでみたら、異国情緒と爽快ACTの虜になる・・・【TGS2019】
現代+アニメ風+爽快ACT+女子高生な『Dusk Diver 酉閃町』を遊んでみたら、異国情緒と爽快ACTの虜になる・・・【TGS2019】
コンピュータゲームの最初期、ゲームの多くは海外からやってくるものでした。パソコン、いえ当時はマイコンと呼ばれていた時代に、『ウルティマ』や『ウィザードリィ』といった名作が続々と上陸し、大きな衝撃を国内のゲームファンに与えます。

もちろん、国産の作品も負けていません。マイコン向けはもとより、1983年にはファミリーコンピュータが登場し、国内のゲーム業界も大きな盛り上がりを見せました。その後も海外からやってくるゲームは後を絶たず、互いに切磋琢磨する時代が続きます。

全てと言うわけではありませんが、海外から来るゲームは欧州産のものが多かったため、海外産の作品をまとめて指す“洋ゲー”という呼び名が定着。しかし、海外産=“洋ゲー”という認識は、時代の流れと共にイコールでは結ばれなくなりました。

ゲーム業界の発展と共に、日本や欧州以外で生まれた作品が次々と国外へ飛び出し、今や世界中でゲームが作られる時代へと変化。特に近年では、日本以外のアジア圏の躍進も凄まじいばかりです。

発表直後から筆者が気になっていた『Dusk Diver 酉閃町 -ダスクダイバーユウセンチョウ-』も、台湾で生まれ、世界に飛び出した作品のひとつ。日本向けには、ニンテンドースイッチPS4に加え、Steamでの配信も予定されています。

『Dusk Diver 酉閃町 -ダスクダイバーユウセンチョウ-』(以下、Dusk Diver 酉閃町)を始めて見た時、アニメ風のグラフィックが印象的でした。ビジュアルデザインも統一感があり、それでいて親和性も感じられ、今のゲーム・アニメ世代を引き込む強さを充分に備えているように感じました。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ウィザードリィ アプリ
インサイドの記事をもっと見る 2019年9月15日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ウィザードリィ + アプリ」のおすすめ記事

「ウィザードリィ + アプリ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「クロノ・トリガー」のニュース

次に読みたい関連記事「クロノ・トリガー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ファイナルファンタジー」のニュース

次に読みたい関連記事「ファイナルファンタジー」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら