『仁王2』キャラクリエイトが追加され、妖怪の技も使用可能!11月のβ版配信が待ち遠しくなる常闇ステージレポート【TGS2019】

『仁王2』キャラクリエイトが追加され、妖怪の技も使用可能!11月のβ版配信が待ち遠しくなる常闇ステージレポート【TGS2019】
『仁王2』キャラクリエイトが追加され、妖怪の技も使用可能!11月のβ版配信が待ち遠しくなる常闇ステージレポート【TGS2019】
2019年9月12日(木)から15日(日)まで開催された東京ゲームショウ2019(TGS2019)。その最終日のコーエーテクモブースにて、2020年初頭に発売が発表されたPlayStation4用ソフト『仁王2』(以下、本作)のステージイベントが開催されました。

シブサワ・コウ氏、安田文彦氏らが登壇したこのイベントでは、本作で新たに実装された機能や要素を紹介。さらに早矢仕洋介氏による「本能寺」ステージ実機プレイで、本作の魅力や楽しさを紹介する一幕も。

竹中直人さんの秀吉は健在
まずは安田氏、シブサワ氏、コーエーテクモの社長である鯉沼久史氏が登壇。先に発表された“日本ゲーム大賞2019 フューチャー部門”を本作と『ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~』が受賞したことに触れ、各ファンの期待の大きさを実感したことを語っていました。

続いて本題となる本作にまつわる最新情報へと話題が移ると、2020年初頭に発売となることが明らかに。既にキャラクターの声の収録は行っているようで、藤吉郎役の竹中直人さんと無明役の波瑠さんの収録の様子についてもトークが展開。

竹中さんについてはNHK大河ドラマで豊臣秀吉を演じていただけあってか、なんとどういうキャラクターか説明することなく既に秀吉を演じる体制になっていたそう。波瑠さんについてはファイトボイスが凛々しくカッコいいものになっているとのこと。

そしてコンセプトに“戦国妖怪死にゲー”があることなどを掘り下げていき、美しい日本の情景を実現した“和風ダークファンタジー”を世界観としていることも振り返っていきました。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る 2019年9月16日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら